スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(せ)熊本より

何故よりによって熊本なのか。
私の住む熊本市中央区は前震で震度5強、本震で震度6強の大地震に襲われ、
非常に痛ましいことに、炒飯にパスタに大活躍だったお気に入りの大皿が1枚割れてしまった。
実家から持ってきた大切な大皿。なんでも鑑定団に出したら2桁目で止まるような粗品ではあるが、
私にとっては26年と10ヶ月の思い出が詰まった大切な大皿。
これからは炒飯もパスタも一回り小さい皿に微妙にはみ出した盛り付けをしなければならない。
人生を共に歩んできた大皿を奪った大地震。私は一体誰を恨めばいいのか。

****

というわけで大した被害もなく過ごしていましたが、水が出ないのだけはどうにも困った。
巷では「熊本市内は97%が水道復旧」などというニュースが流れていたようですが、
私の住むマンションは最後まで円グラフのだんだん細くなっていく一欠片のカマンベールチーズに残り続け、
昨日の夜にようやくゴボゴボという音と共に水が出始めました。
ちなみに今尚水の勢いは万全でなく、ウォッシュレットの水がケツまで届かない状態が続いています。

流石に大企業だけあって、会社にはあちこちからの救援物資が死ぬほど届き、
救援物資の整理に追われて全く仕事にならないような状態だったので、
顔や手を洗ったり歯を磨いたりということは会社から持って帰ったミネラルウォーターを使っていましたが、
流石にトイレや風呂のように大量に水を使うことまでそういうわけにもいかず。
水が出ない2週間の間、トイレは最寄りの公衆トイレやコンビニへ、
風呂は夜な夜な会社の給湯室に忍び込み、全裸でシンクに頭を突っ込みガシガシ洗うという、
警備員に見つかろうものなら地方紙の3面記事に載ってしまいそうな綱渡りをしていました。
お陰様で元々支社長の激詰めによって鍛えられていたハートがますます強靭になり、
今後余程のことがない限りはやっていけるだろうという自信がつきました。

最後に、今回の地震によって得た教訓を皆様に共有しておきたいと思います。

マンションに住むときは低層階を選びましょう。

10階に住んでいる先輩は電子レンジと冷蔵庫がバラバラに砕け散りました。
それでは皆様、よい連休をお過ごしください。

1900
スポンサーサイト

(せ)脳味噌の代わりに筋肉が詰まっている幸せ

ここ1ヶ月余り、仕事が本気で殺しにかかってきている。
転職して給料が跳ね上がったので当然だが、求められる水準も凄まじく高い。
自分が如何に社会不適合者であるのかということをよくよく理解した次第である。
今までむしろ、自分が社会不適合であることについて変なプライドのようなものを持っていたが、そんなものは幻想だ。
社会は社会だ。この社会でやっていけないから次の社会に移ろうなんて、そんなに簡単にいくものではない。
このままでは私の行く末は単なる落伍者、のけ者、はぐれ者。ソーシャルアウトキャストである。

しかし同時に嬉しくもある。
これまで「いつまでこんな無駄な時間を過ごせばいいんだろう」としか思えなかった仕事。
それが180°ひっくり返り、ちっぽけな自分にはあまりにも意味がありすぎる仕事の数々。
誰でもできることでは決してないからこそ、ここを乗り切ればどこでも胸を張ってやっていける自信がつくだろう。
かっこいい大人になるためには、ここで負けるわけにはいかないのだ。

80字ほど足りないので、最近あった面白いことを共有しておこう。
Twitterでアニマルフレンドではスクイッターとエンガードが好きだという旨のツイートをしたら、
「エンガード」で検索したのであろう人から「エンガードいいですよね!」とリプライが飛んできた。
プロフィールを見てみたら、ひたすらエンガードのイラストを描きまくり、エンガードの同人誌を販売している人だった。
社会は広い。あっちの社会より、まだこっちの社会の方が生きやすい気がした。

ル!チャ!ル!チャ!ル!チャ!(元気が出る呪文)

1900

全ての飲み屋を20時に閉店させる会会長

全部飲み会のせいだ。

(せ)ハイスクールデイズ №3

桐蔭学園はマンモス校である。
一学年の人数は1,500人を数え、全校朝会は3階席まであるホールにも生徒が入りきらず、複数回にわたって行われる。
体育祭(とは名ばかりのマラソン大会)は日産スタジアムを借り切って開催され、
ひとっ走りして腹を空かせた数千人規模のティーンエイジャーをターゲットに、周辺の農家は臨時の唐揚げ屋台を出店する。
それにまんまと釣られて1パック100円の唐揚げに長蛇の列を作る桐蔭生は、体育祭からの帰り道の風物詩であった。

****

桐蔭学園はマンモス校であるが故に、体育祭に類するイベントがもう一つ存在する。
前述した、会場の規模の割に内容はただ走るだけの体育祭に加え、
授業で行う競技をクラス対抗形式で行うスポーツ競技会、通称「スポ競」が毎年行われる。
余談だが、私は1年生のスポ競の日にジャージや運動靴などの装備一式を田園都市線の網棚の上に忘れ、
借り物の装備でその日一日を過ごし、忘れ物を取りに行った永田町駅で遺失物管理事務所に辿り着けず、30分間迷い続けた。

翌年、あまりスポ競に精力的でなかった私は、知らないうちに寄せ集めのハンドボールチームに振り分けられていた。
運動音痴のH野くんがゴールキーパーとしての機能を一切果たさずに0-33の惨敗で初戦を終え、
暇潰しにエル坊、クケン、手綱らが参加する剣道の試合を見物に行った。
それは試合などという生易しいものではなく、まさしく「死合」と呼ぶに相応しい、血で血を洗う戦いだった。
先鋒のエル坊は審判が下級生であるのをいいことに、制止を振り切ってルールを逸脱した箇所への攻撃、攻撃、攻撃。
足払いで相手を倒し、フロアに這いつくばった相手の面めがけて竹刀を立て続けに振り下ろす。
6本くらい入ったところでようやく審判が「一本!」の判定を下す。この圧倒的暴力こそがエル坊流の剣道である。

しかし、血の気の多い出場者はエル坊だけだったようだ。
続く3人はのらりくらりと盛り上がらない試合を展開し、勝敗の行方は大将戦へともつれ込んだ。
そう、出番が来る前に勝負を決めようと配置した捨て駒大将、クケンの双肩にチームの勝敗が委ねられてしまったのだ。
試合開始の笛が鳴る。しかし両者動かない。お互いを牽制するでもなく、腰が引けた構えのまま両者一歩も動かない。
ここで気が付いた。相手チームも大将戦を捨てていたのだ!

「殺れ!!!」

エル坊の物騒な野次が響き渡る。それに呼応したように、クケンの竹刀が相手の喉元を貫いた。
もう一度言う。クケンの竹刀が相手の喉元を貫いた。
声にならない声を上げて後ろに倒れる相手選手。審判の「一本!」の声が我がクラスの勝利を告げる。
無論、剣道において突きは禁止技ではない。
危険だからと授業で禁止されていることなど、真剣勝負であるスポ競に関係あろうはずもない。
試合後しばらく経っても不気味な呻き声を上げて立ち上がることのできない相手選手の自己治癒能力を信じて、
我々は意気揚々と勝利の余韻に浸りながら、教室へと踵を返したのであった。五三の桐に浪漫の嵐。

----

※この物語はフィクションだったりノンフィクションだったり、脚色を含んでいたりいなかったりします。

1900

(せ)母親がすっかりダッドリーズファンになってしまいました

うわー時間がない!全ては先週末に家の鍵を会社に忘れて締め出されたせいだ。
おまけに来週末に資格の試験があり、落ちると2回目からは自腹になるのでちゃんと勉強しておかなければなりません。
本来ならばハイスクールデイズの順番ですが、ちょっと余裕ができるまで休ませてください。次くらいには書けるでしょう、多分。
別に必ず1回置きに書かなければいけない決まりがあるわけではありませんが、
私に関してはそのうち自分ルールを曲げただけでペナルティーとか言われそうで怖い。

さて、1月5日からWWE Networkが始まっていますね。
おまけに1月10日にはNGT劇場がオープンし、今月いっぱいは無料で公演配信のアーカイブが見られるというこの状況。
「食べる」「寝る」という人間の根源的な部分を形成する時間を犠牲にしないと成り立たない生活が続き、
身体はボロボロだが心は満たされていて爛々と目が輝く不気味な男を作り上げています。

今週末の劇場公演に外れたら、熊本に引っ越してきて以来初めて1ヶ月丸々公演を見ていないという事態になるのですが、
そうでもならないとノー勉のままロイヤルランブルで週末を終えそうな気がするので、ちょっと一息ついた方がいいかもしれません。
とにかく時間、時間、時間。社会人になってからやりたいことが多すぎるし、
なまじ金を持ってしまうとちょっと手を出したり齧ってみたりということが簡単にできてしまうので、
興味の範囲は広がる一方で留まるところを知らない。ハーマイオニーのアレが欲しい。ハーマイオニーみたいな彼女も欲しい。

レヴィオサー!

1900
プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。