スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ほ)今宵、冷酒をあおりて

こう忙しい日々に溺れていると、お日様の高さとか、雨の匂いとか、花の落ちたさつきとか、車の音とか、人の声とか、風の流れとか、犬の鳴き声とか、ピアノの音とか、目覚まし時計の響きとか、牛乳が白い事とか、朝日が眩しいこととか、電話は音しか伝わらないこととか、ご飯が美味しいとか、山が青いとか、排ガスが臭いとか、雲が分厚いとか、白髪が増えたとか、あの人元気がないとか、風が強いとか、カレーが三日目だとか、水たまりが深いとか、アブラゼミの声とか、山の手線の駅とか、もみじまんじゅうとか、雀の羽音とか、涙も汗もしょっぱいとか、明日は新しい一日だってこととか、そういったことが分からなくなってくる。
朝起きて一番に考えることはなんだろう。眠いとか、寝たいとか、起きたくないとか。それでも日常は続いていて、気が付けば身体は動いているのである。気が付けば、だ。実感だ、実感がないんだ。
それは耳が痒いでもいいし、外が煩いでもいいし、うんこが臭いでもいいし、生きているでもいいし。
感受性は簡単に殺されてしまうもので、いくらモンスターと濃厚な体液交換を要求されると言われても、実感が伴わなければ蚊に刺されたようなものに過ぎない。蚊に刺されると後が痒いし、それはそれで実感するしね。
嗚呼、感受性とは、ですよ。茨木のり子が言っていた。自分の感受性くらい自分で守ればかものよ、と。
これいい詩だよね。ゲーテのファウストにおける”卑怯な考えのびくびくとした動揺・・・・・・”と同じくらい好きな言葉だ。
座右の銘にするにはどちらも長すぎるのが玉に傷だけど。
いくら毎日は忙しなくても、余裕がなくても、自分の感受性くらいは守りたい。出来ることならば、せめて世界を愛したい。そして誰かを愛したい。
だから、俺はサンキューフリー指名なんかしている場合ではないんだ。間違いなく、ジュン君の次にサンキューに近いのは俺だ。
今回は正直、このブログの存在を忘れていて危なかった。忘れるもんだ、意外と。
今回も、特別書くこともないし、浮かばないし、いやぁ毎日が忙しいなぁなんて思ったりするし。
前回の記事からね、短歌も5個しかできてないのさ。もうほんとに茨木のり子さんすみません。
毎日を実感して生きていきたいものですね。一日一短歌、まずはそれを目標です。

てなことで、今回は作者取材のため休載です。
スポンサーサイト

(ご)み袋的な何か

人の好みは千差万別ってよく言いますよね。
それはその人の持つ内面だったり外見だったり、
色々な要素が交じり合い人間1人というものを形作るわけで、それによって色々な人間が出来上がり、
その色々な人間が持つ好みなんですから千差万別になるのは必然と言うことができるでしょう。

結局何が言いたいのかというと、



私は地味顔の女の子が好きである。

私の地味顔好きはもはや世界常識となっているので何をいまさらと思う人も居るかも知れないですが、
知らない人のためにここであえて宣言しておきたいと思います。
ここ一月乗り続けるだけでも苦痛だった満員電車。たまたまいつもより何本か遅い電車に乗ると、
その中に居たのだ!地味な顔の女の子が!
その日から満員電車が苦痛ではなくなりました。そしてあえて乗る電車を遅らせるようになりました。

年は恐らく20歳前後であろうか。いつも私服、さらに仕事に行く格好では恐らくない。
なので恐らく高校を卒業した学生ではないだろうか。
常にイヤホンをつけてスマホをいじり、ちょっとだけ髪がボサってなってる(そしてメガネ)姿を見ているとなぜかこう幸せにしてあげたくなってしまうわけです。



さあここまで聞いてあれ、もしかしたら俺って地味顔の子が好きかも・・・と思ったあなたにお勧めしたいのがこの作品である。

地味子は隠れ巨乳25 [DVD]

本当は画像をドカンと張りたかったのですがFC2的な制限に引っかかりそうな気がしなくもなかったのでやめておきました。
というかリンクを張るのもOKなのかわからん!消えちゃったらごめんね!


さて、ここで「地味顔と化粧が薄いのは違うだろボケ!」と思ったあなた。あなたはもう既に地味顔マイスターへの道を歩み始めているといっても過言ではないでしょう。
そうなのである。実は普通に他作品にがっつり化粧をして出ている子も居たりするのではあるけれど、そこはこの手のシリーズ化されている作品の常、必ずしもみんながそうであるとは限らないのだ。
なのでいくつも作品を視聴し、お気に入りの一人を皆さんぜひ見つけていただきたいなと思うわけです。


なんかこういう風に文章に書いていると金曜日は授業が午後からなので時間が合わず、
さらに週末で電車に乗れないというのが嫌で嫌で仕方なくなってきますね。
あー、早く月曜日にならないかなー!

(じ)#4 「ペナルティー」前編

どうも、ジュンです。

例のペナルティーについて書きます。

◆まずは前置き。飛ばしても可。

改めて…、この共同ブログにはルールがある。決められた順番でブログを書き、自分の前の人が投稿してから1週間以内に今度は自分が書かなくてはいけない。
ルールを破ればペナルティーが発生する、と。

そのペナルティーってのは、「激安風俗店サンキュー」にてフリー指名で30分間のサービスを受けなくてはならない。

そしてGW真っ只中の5/3(土)17:48、僕は1週間のルールを破り、ペナルティーを受けなくてはいけなくなった。

それが決まった瞬間、僕は東京都内の総合病院で急患診療を待っていた。原因はさらに17時間前に遡れば分かる。

5/3(土)0時過ぎ、三重県内の温泉施設に男友達7人で旅行に来ていた僕は、運転の疲労が残ったまま、高温多湿のサウナに入った。たった数分で、熱中症と重度の脱水症状を起こし、全身の痙攣と呼吸困難を起こし、救急車で運ばれた。

三重県で点滴を打ち、神奈川県まで戻った。回復したと思い、友人と遊ぼうとしたところまた似た症状が起き、都内総合病院にいったというわけだ。

◆ここから本編

あっという間に時間が経ち、期限が過ぎてしまった。数日後、ふぉるらじメンバーでラジオをしたときに、改めて「サンキューフリー」が決まった。

「風俗なんだからペナルティーなんて辛いものではないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

まずこちらのレビューサイトをご覧いただきたい。そうすればサンキューがどんなものか分かるはずだ。

http://u-10000.com/i/itoukou/postview.php?shopid=414

なるほど、カメックスやドラゴンボールのヤジロベーに例えられるほどの「デブ」や「ブス」がウジャウジャいるのか。
これが1900君が言ってたやつか。読んでる分には想像を巡らせ、楽しさすら感じる。


んー…、待てよ、これは俺が受けることひなったのか。
冷静に考えてみよう。


デブスモンスター嬢に金を払い、自分のプライドを棄てる。

一瞬の快楽と下品な風俗ネタを一つ入手する。

待て、これは等価の取引ではない!
ペナルティーどころではない、
心のレイプに他ならない!
このペナルティーを考えたほじょ君はレイパーだ!

そんな下世話なネタはネットの体験談を読んでいれば十分面白い!自分が犠牲者になる必要はないんだ!




…でも自分が了承したルールだ。
みんなと約束をし楽しいブログを書くと決めたのに、ルールを破ってしまったのは俺自身だ。






…俺はやる。逃げない。

詰まらないネタになっても良い、むしろそっちの方が良い。少ない可能性…、普通な女の子を引く可能性を信じた。


そして5月某日。
俺は携帯を片手に
新橋に降り立った。



続く。

(せ)婷婷 二

Case 2 “アマチュア”

何分何千円。夜の世界に足を踏み入れるには通行料を払わなければならない。
そういう意味では、やはり私は門兵などという立派なものではなく、ただの市民である。
陽の光を浴びていないと生きられない、ただの、市民。
小銭を数えて生きる市民にとっては、夜の世界の滞在費はちと懐が痛む。
だからこそ少しでも通行料の安い、それでいてなるべく綺麗な景色を見せてくれる、
こすとぱほーまんす良好な門をあっちこっち探し回るのだ。
しかし、得てして門の外から見える景色と実際にくぐってみての景色とは乖離がある、それが夜の世界の常なのだ。

そもそも何分何千円という縛りがもどかしい。
50分ではあれしてこれして…う~ん…。しかし70分ではモタモタぐだぐだ…う~ん…。
そんな「門」選びに頭を悩ませる紳士たちのために、実は金額のみを提示して時間指定なしの「門」がある。
「そんなの見たことも聞いたこともないわ!」という諸兄は探し方が悪いだけだ。それは確かにある。
ただ、普通に考えれば「そんなの5分でも10分でも通用するじゃないか」という結論に至る。当然だ。
しかし、色欲に見境を失った雄とはかくも盲目なのだという、これは自戒を込めた回顧録である。

「ウン万ウン千で時間無制限か~安いな~(*^_^*)」
そう無邪気にはしゃいでいたのは、まだ夜闇の恐ろしさを知らないN少年である。今考えると恐ろしい間抜けだ。
そんな淡い期待も、対面の時点で木っ端微塵になる。なんだこいつは。写真と違うぞ。
いや、写真と違うのはいつものことだ。むしろ写真通りの人物が来ることなどほぼ100%ありえない。それはまだいい。
こいつはなんというか…オーラが薄汚れている。
顔は決して悪くはない(良くもないが)。チチもデカイ(目算F)。しかし、醸し出す空気が圧倒的に安っぽい。
脱げば刺青は入ってるし、ベラベラペチャクチャと中身のないことをよく喋る。
それも客たる私を侮蔑するようなことを平気で言う。そういう貴様は何様なんだ。
雰囲気もへったくれもあったものではなく、基本的にこいつの姿勢は「拒否」でしかない。
口も脚も死んだ二枚貝のようにぴったりと閉じ、動きも数学の教科書に載りそうなほど一定且つ単調。点tが行ったり来たり。
その晩、ついに私のエレクトリカルパレードが始まることはなかった…。

金を受け取っている以上はプロだ。職業に貴賤なし。どんな仕事でもプライドを持って臨まなくてはならない。
しかし残念ながら、夜の街にはそんな精神など毛頭ない「アマチュア」が跋扈している。
普通より高い金を払って、30分で逆に「帰ってくれ」と叩き出したくなるような、悪質なアマチュアが。

(続く)

----

※この物語はフィクションだったりノンフィクションだったり、脚色を含んでいたりいなかったりします。

1900

(ほ)言の葉の箱

昨日はもう何回目かも分からないですが、ふぉるすたーらじおでした。
ご視聴頂いた方々、ありがとうございます。
恒例のコーナーはさておき、もはやアレだな。まともにトークもしていないような。
恒例のコーナーと言えば、前回から始まった廃句のコーナー(名称未定)。
昨日は本当に全然言葉が浮かばなかった。書も読むことが減り、言葉に触れることの無くなった昨今。
元の程度は兎も角、発想力にしても言葉の紡ぎ方としても衰えていることは否めないであろう。
今度こそは目標として掲げたいと思う。1日1短歌を。
昔に作ったのがいくつかメモ帳に残ってたので今日はそいつを発表しようと思う。
期限までに記事内容考えるのも大変だしね。
どこかで書いたのもいくつか混ざってるけど、それはご愛嬌。

今日もまたモラトリアムの片隅で洋式便器に腰を埋める

搭乗口の動く歩道に乗る気分はまるでドナドナドナドナ

ギュッと目を閉じて昨日を夢見てる 喉まで出かかる産声を堪えて

息を詰めて西へ西へとアメリカへ 明日におびえて逃げ出したくて

雨上がりの夕暮れに キラキラ光る亀の甲羅に写るのは誰

梅雨が明けたから これからは帽子を深くかぶって生きていこう

風が吹いて落ち葉が舞っても この街を僕は今でも歩き続ける

目を閉じて見渡すけれど誰もいない君もいない僕もいない

浅く腰掛けた運転席から見る景色は変わることなく

憂鬱で行きたくなくて階段を全速力で駆け上がる僕

こんなに深い暗闇でも手の中で光るひとかたまりの銀河

10階分の階段を駆け上がった後の炭酸水 空に落ちる

夕刻のぼやけた視界に映るのは人ともつかぬ魍魎の群れ

君の吐息もトラックの排気ガスも冬の空気の溶けていく

雪の中 立ち尽くすひとり ハザードランプの点滅が心臓の鼓動

(ご)み袋らしい

ついに起きてはいけない事態が発生してしまいましたね・・・。
学校の連絡網の如く音沙汰の無いジュン君を1つ飛ばしで順番が廻ってきてしまいました。
ジュン君忙しいんだろうなぁ・・・。

というよりそれより気になったのが速報の投稿時間。期限超過の5分後に投稿とは・・・。
速報を出したのは補助君でしたが、もしかしてパソコンの前に張り付いていたのかと想像すると恐ろしくなってきますね。

さてさて、期限超過の件については11日に嫌というほど弄られるとは思うのでとりあえず置いておくとして、
今日は人生初のプロ野球観戦に行ってまいりました。

神宮球場で行われたヤクルト×阪神戦阪神側スタンドで観戦していたのですが、野球の応援ってすごい熱量ですね。
友人が会社の方にチケットを2枚貰ったので付いて行った、という感じなので特に阪神に思い入れがあるわけではなかったのですが、いざ試合が始まってみると応援効果もあってすごい熱中してしまいました。まさかスポーツ観戦で自分がここまで一喜一憂することになるとは。

あと面白かったのが阪神ファンのアンチ読売感が半端なかったです。「打倒読売」って書いてあるハッピ着てる阪神ファンの多いこと多いこと。
これも初めて知ったのですが7回にチームの応援歌?って言っていいのかどうかアレなのですが(阪神なら六甲おろし、ヤクルトは東京音頭)歌ってたんですけどヤクルト側が東京音頭歌ってるときもビニ傘振り回してくたばれ読売連呼していました。

そんなこんなで中々貴重な経験ができた今回の試合、気になる結果ですが

○ヤ13-1阪神●


シーズン中にたまにしか見ないんじゃないかというくらいのボコボコさ加減でした。
ヤクルトのホームランボールが2つ3つ飛んできました。8回が終わる頃にはすごい勢いで帰っていく阪神ファン。そりゃ帰っちゃうよね。


【速報】ペナルティ発生

前回投稿記事2014年4月26日17時48分より1週間が経過しました。
つきましては当交換日記の規定に従い、ジュン氏にサンキューフリー指名を行う義務が発生しました。
詳細は次回ふぉるすたーらじおにて告知する次第となります。
尚、本記事の投稿日時を基準として、ごみ袋氏より交換日記の継続となります。

Hojo80°
プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。