スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】ペナルティ発生

前回投稿記事2014年6月21日1時8分より1週間が経過しました。
つきましては当交換日記の規定に従い、ジュン氏にサンキューフリー指名を行う義務が発生しました。
詳細は本日のふぉるすたーらじおにて告知する次第となります。
尚、本記事の投稿日時を基準として、ごみ袋氏より交換日記の継続となります。

1900
スポンサーサイト

(せ)婷婷 三

Case 3 “鯖”

「鯖を読む」とは、古来魚市場で傷みやすく数も多い鯖を早口で数えて数量を誤魔化していたことから、
いい加減に数を数えることをそう言うようになったというのが定説である。
夜の世界を歩くということは、つまり「鯖読み」とどう付き合うかということでもある。
ある程度の鯖読みを予測して予め期待値を下降補正しておくのは常識だが、
あまりにハードルを下げすぎても、ドキドキ感が失われてしまって面白くない。
対面までの間の僅かな時間に「こんなもんだろう、いやでももしかしたら」と勝手に悶々とするのも、
待ち時間をただの待ち時間として消費しないための楽しみ方のひとつである。
しかし、もちろん何事にも限度というものはある。
そして限度を超えたギャップというのは、得てして多大なるダメージを伴うものだ。

「ターゲット捕捉!写真可愛すぎにつきマイナス補正20%!ウエスト59㎝に虚偽の疑い濃厚、プラス補正5㎝!発射!」
Jカップに破壊されたスカウターを新調した私は、いい気分でまだ見ぬ相手の戦闘力を測っていた。
基本的にこの世界では、なるべくサイトに写メ日記がある店を選ぶのがベターである。
日々顔写真つきで更新する写メ日記は誤魔化しが効きにくく、
上質な嬢を揃えている店が自信を持って公開しているケースが多い。
そんな見分け方をまだ知らない若き門兵は、嬢との対面により自身のスカウターの数値が逆方向に振りきれて爆発するのを感じた。

22歳…?そんなバカな。プラス何歳というよりも乗算した方が早いように見える。いや、流石に2倍までは行かないが。
Gカップ…これが?以前見たJカップ片方の中に軽く15セットくらいは入りそうな大きさだ。
自称Bカップのうちのおかんよりも更に小さく見えるのは私の目の錯覚に違いない。だってGカップなんだから。
プロフィール文も色々と想像力豊かな記載に溢れている。
小柄で守りたくなるような美少女とのことだが、確かに178㎝の私と10㎝も違わないくらい小柄で華奢な女の子だ。
清楚で可憐な雰囲気と書いてある通り、明るい茶髪で彫りの深い顔立ちの大和撫子だ。
別に盛るのは構わない。盛大に持ってくれて構わない。構わないのだが、せめて系統くらいは合わせたらどうなのか。
てんぷらを食べようと思ったらタイカレーが出てきたようなこの気持ち。わかるだろうか。
てんぷら蕎麦にてんぷらを乗せるのを忘れたとか、エビ天とエビフライを間違えたとか、そういうレベルでは最早ない。
出るところに出れば勝てるのではないかと憤りながら、なんだかんだといい具合ですっきりしてしまった。アー!
尻だけは満点だった。それがせめてもの救い。

どうでもいいが、ハワイのレストランにあった筆談用の紙に書いた私のいたずら書きのせいで、
おそらく何人かのハワイ人は「尻」がかっこいい意味の漢字だと思い込んでいることだろう。

尻(COOL)

(続く)

----

※この物語はフィクションだったりノンフィクションだったり、脚色を含んでいたりいなかったりします。

1900

(ほ)時限爆弾

現在の時刻は16時51分だ。
前回記事投稿日時は6月8日16時56分。
俺に残された時間はあと5分。秒にして300秒。
しかも、俺の敵は時間だけではない。
耐え難い空腹感と、眠気と、やる気の無さ。
だが、そんな追い込まれた状況でも、まだ終わっちゃいない。あと5分だ。あと5分ある。
無力感と孤独感に苛まれる近日、それならいっそのこと、とすら思ったこともあった。
いや、だめだ。それは、だめだ。なにがあろうが、サンキューフリーだけは駄目だ。もっとマシな選択枝があるだろう。
そうこうしている間に残り4分だ。まずい、まずい。
そんな無力感と孤独感に苛まれた俺は、先日ねとらじをした。
そしてノートPCとオーディオインターフェースを買った。詳しくは掲示板のログでも読んでほしい。
ノートPCはWin8。操作がさっぱり分からない。クラシックモードみたいな物はないものか。使ってれば慣れてくるのかどうなのか。
職場や学会等でノートPCは最早必須。パワーポイントも持ってなかったし、オフィスが入っていて安いものを購入した。
画面は15インチ。ノートだし、大した大きさじゃないだろうと思ってたけど、結構大きい。普段持ち運ぶにはちと不便。やはり日常的に持ち運ぶにはタブレットが良い。
なんと画面がタッチパネル。全然知らないで買ったけど、マウスが無ければタッチパネルも案外便利。
そしてセットアップが終わった今、学会もまだしばらく先であり、このノートPCはの使い道は無い。
オーディオインターフェースはUR22を購入。X-Fiと比べると、格段に音が良い。X-Fiは結構ノイズが入るんだ。オーディオデバイスをこいつ一本にしたいけど、そうするとヘッドセットを新しく買わないといけない。また出費が嵩むが、止むなしか。
いずれにしてもこれでまともにA-49を使うことが出来る。長らくかかったが、毎日使っていきたいと思う。
考えてもみれば、ここまでに13万円くらい使っているんだ。無駄にしてたまるものか。
あああ、もう時間がない。仕方がない、今回はここまでだ。また次回、待っていろ、割り箸め。

(ご)飽きた。

飽きたって言うのはアレですよ?記事を書くのにとかじゃなくてタイトルのことですからね?


さてさてー、今日の私の記事でちょうど6周というこの共同ブログなんですけど、改めて皆さんの記事を読んでみたのですが最近下ネタに走りすぎてる傾向がありやしませんか。
このままではマンネリ化してしまうので今日は下ネタ以外の記事を書きたいですね。

ということで先日スマホを買い換えました。いつも2年持たずに変えてしまうのは悪い癖なのです。
1年半くらい経つとどうしようもなく買い換えたくなる。まあ考えるに使ってるスマホに対しての不満点が少しずつたまって言った結果爆発するのがきっと1年半周期なのでしょう。

そのフラストレーションがたまった結果今回買ったのが最近放送が始まった新しいCMではついに剛力彩芽が居なくなったでおなじみのauから発売されたXperiaZL2 SOL25です。ソニー端末です。
SOL25.jpg

世間では裏面がランチパックみたいだと言われていますがそんなことないぞー!

ちなみにこのスマホがごみ袋さん至上4台目のスマホです。
初代がNTT Docomo(かっこいいよね渡辺謙)から発売してたソニー端末
初代XperiaSO-01Bでした。
color_02.jpg
クリアな輝きを放つ洗練されたホワイトがピュアな存在感を演出したかったのでしょうが動作の遅さが洗練されすぎていてそれどころでは無かったです。確かに存在感の演出にはなっていましたが。
ちなみにこれがイライラたまるのが一番早くて次の機種にしたのは1年経ってすぐ位だったとおもいます。


2代目はSoftBank(おっぱい大きいよね上戸彩)から発売してたアップル端末
皆さんお馴染みiPhone4Sですね。
iphone4s_repair.jpg
Xperiaが余りに酷くて「Androidはダメやね・・・」となっていたので周りが使っていてAndroid端末(というか初代ペリア)とはサクサク具合が雲泥の差であったiPhone4Sにしました。予約までしたくらいだったので相当ペリアにイラついていたのだと思います。機種が届いて弄った時の感動は思い出すだけで射精するほどではないですがまあ感動しました。


3代目はau(きゃりーぱみゅぱみゅが昔ジュニアアイドルだった事を最近知りました。)から発売のソニー端末
XperiaVL SOL21です。
XperiaVL.jpg
このままiPhoneで大満足!となるはずだったある日。気づいてしまったのです。そう、当時のソフトバンク電波の入りが悪い。家ではWi-Fiでどうって事無いのですが出掛けると特に酷かったのです。最近はぷらちなばんど(笑)のおかげで大分改善されているみたいですが、当時はそんなこと無かったので泣く泣くキャリア変更することになりました。

軽かった。とにかく軽かった。そして薄かった。それまでiPhoneだったので尚のこと軽く感じました。そしてiPhoneを使っていた間のAndroidの進化具合にも驚きました。これなら使える!もともとiOSよりできることが多いAndroidの方がOS的には気に入っていた事もありAndroidに戻しました。

と、ここまで来て現在の端末です。
ずっと白いスマホだったのでターコイズの存在感がすごいです。5インチ画面も十分だ!ということで今度こそは2年間使おうと心に誓っている次第です。今のところ不満は全く無いのがいいですね。


すいませんところで次回のラジオいつでしたっけ・・・

(じ)#5 「ペナルティー」後編

新橋に降り立った俺は、普段使っているスマホで普段見ないウェブサイトを見ていた。
そのトップページには女の子の画像が貼ってあった。

人工的なカラートーンな白い肌。
アスペクト比に疑問を感じざるを得ないそのスタイル。
表情を恥ずかしそうに両手で覆い隠す姿に、不快感と恐怖心とが入り混じった想い。

そんな逃走したい思いを上回る、責任感。
どこから湧き出てくるのか、その感覚は、
漫画カイジで利根川が焼き土下座をしたのと同じなのかも。
俺は利根川なのか。

いや、責任感なんて綺麗事なんかではなく
むしろ他の人たちにも同じ苦しみを味合わせたいだけなのか…。

そんな揺れ動く心情描写はさておき。

ウェブサイトの電話番号にかけさえすれば
あとは電話口のお兄さんに従えばいい、それくらいは知っていた。

・・・・
・・・・・・・

心の迷いなんてもう、
もう気にせず行動にすれば終わるんだ。

とにかく電話しよう。

「Trrrrrr」(・・・何を言えばいいんだっけ)
「Trrrr、はい、さんきゅー新橋店です。」(・・・はええな!)

俺「あ、あのー、これからお願いがあるんですけどー」
店員「お願いですか?」

自分で何を言ってるのか分からなくなってた。

俺「あ、違います、あのー、これからお世話になりたいんですけど」(謎の言い回し)
店員「あー、はい、ありがとうございます!女の子の希望はありますか?」
俺「あー、あの、AF NGな子のほうがいいですね」
店員「NGですか、確認しますね」

そう、これが俺が考え付いた唯一の回避策。
このお店のサービスでほとんどの子がAF○。そんなの普通の人間じゃあない。
NGな子のほうがまともなんじゃないかと、考え付いたのだ。
こんな閃き、俺はカイジに違いない。

店員「お待たせしました。○○ちゃんなら空いてますよ、指名でよろしいでしょうか?」

そして経験不足が招いた事故。誤算。墓穴。
フリー指名がルールなので、ここで了承することはできないのだ。
フリーを宣言してから希望を伝えるのがセオリーなんだろう、きっと。
それを知らなかった俺は単純に指名しかけた。

俺「あ、やっぱりフリーでいいです」

きっと店員は何言ってんだこいつ、と思っただろうが
「かしこまりました。ではすぐに行ける者をご用意いたします」といった。

そしてプレイルームがあるビルに電話口で案内され、
そこでレンタルルーム料を支払い、到着の連絡をした。


ちなみに部屋にたどり着くまでに手をつないで
プレイルームから出てくる男女を2組見かけた。


一組目は20台後半と思われるハゲ始めた男性。
スーツ姿だったし、仕事帰りだったのだろうか。
そのスーツハゲの腕をがっつりホールドして
横にいたのは小さい坂東英二(♀)だった。


もう一組は40代くらいの男性。服装にはファッションセンスのかけらも感じないダサい感じ。
横には北斗晶。きっと彼らはプロレスをしたのだろう。




そして宣告を待った。
自分の引き運にかけた。
俺はカイジなのか。
誰が来るんだ・・・。



「コンコン・・・」

サービス時間は30分なのに、なぜか20分くらい待たされたが、
その宣告は目の前に来た。


俺「どうぞ」(鍵を開ける)

「(ガチャ・・)こんにちは。」




これは先程すれ違った人たちと比べるまでもない。

大勝利だ。

そう、俺はあのモンスターハウスといわれるさんきゅーでプレミアム嬢をフリー指名で引いたのだ。

そこからはコミュ力をフルで発揮し、情報収集。
大阪出身の21歳。プレミアム嬢といっても、そこはさんきゅーなので、ちょいポチャ。
1月に上京。彼氏がホスト。月収90万。フリー指名は入店以来2回目で3ヶ月ぶり。

あとは普通にサービスしてもらった。
俺はカイジのような剛運でペナルティーを達成した。


未来は僕らの手の中。


おしまい。

(せ)こすこす

「ほじょこす」は文句なしに可愛い。
「ジュンこす」はおばさん臭がする。
「ごみこす」はドリトスみたいで言いにくい。ドンタコスの方が好き。
「せんこす」は「自家発電」「スタンドプレー」「セルフプレジャー」と同義語っぽい響きで嫌だ。

****

そもそも「ゆうこす」は、ファーストネームとファミリーネームを逆に読んで語感のいいところを切り取ったのが由来だそうです。
何の話だかわからない人はヤホー先生に聞いてみましょう。
2012年8月、彼女がかのご当地アイドルグループを電撃脱退したことは記憶に新しいですが、
先日更に衝撃的なニュースがインターネッツ界隈を駆け抜けました。
なんと彼女、アイドルを辞めてお料理タレントという活動内容が不明確な漠然とした職業に就く傍ら、
都内の風俗店に5ヶ月ほど勤めていたというのです(またこの手の話になってしまった)。
ちなみに、脱退当初からその豊満なボディを生かした転職をとの根強い要望があり、
ゆうこすのAVデビュー作タイトルを考えるスレでは、
「ゆうこすこすこすこ」「ゆうこすのまんこすでちんこすをこすこす」「うんこす」などなど、
その期待値の高さが伺える妙案が数多く生まれていました。

本人は疑惑を否定しているようなので、とりあえずここでは真偽のほどはどうでもいいとします。
今まで出ている情報を総合すると個人的には9割方本当だろうと思っていますが、まあどうでもいいとします。
大切なのは、このニュースを受けて彼女がどう対応するのが一番興奮するかということです。
まず、実際に彼女が行った対応を見ていきましょう。

 「榎本ゆず」という名前でゆうこすがピンサロで働いていると一部で話題になる
   ↓
 ゆうこすと知った一部の客が悪質な嫌がらせをし始める
 (※ここで筆者は、エイミー・ウェーバーがかつて日本のストリップ劇場で働いていたという事実を嗅ぎつけたランディー・オートンが、
 日本公演帰りの機内でどこからか入手した当時のチラシをネタにセクハラしまくり、エイミーを辞めさせたという逸話を連想した)
   ↓
 ゆうこすを盗撮した客が写真をネット上に公開して騒ぎに
   ↓
 本人がTwitterで事実ではないと否定
   ↓
 事務所が重ねて否定し、「法的措置も検討」と憤慨

これは対応としては40点ですね。
本人の力による興奮ポイントは皆無と言っていいでしょう。
幸いにも、騒ぎを聞いた野次馬がゆうこすの父親(通称ぱぱこす)のTwitterに突撃したところに救われました。
「裕子、どういうことだ!?」「違うのパパ、これは…」というやりとりを想像するだけで興奮します。
まあ興奮ポイントは人によって違うという面はありますが、逆に私にとって最悪の例をひとつ挙げてみましょう。

 ゆうこすを盗撮した客が写真をネット上に公開して騒ぎに
   ↓
 「とうとうバレちゃった(>_<) 実はゆうこ、AVデビューすることになりました! 恥ずかしいけど見てね♡(*ノ▽ノ)イヤン」

これは0点です。
「何故だ、最高じゃないか!」という意見もあるでしょう。確かに気持ちはわかりますが、よく考えてください。
これはせっかくできた「芸能生活に行き詰まり、夜の世界に身を沈める」という至高のストーリーを台無しにする行為に他なりません。
ゆうこすの家は裕福だからそんなに困るはずがないという意見がありますが、そこはまあ、なんか色々あったんでしょう。
こっそり怯えながらやるからいいんです。大っぴらになった途端それは単なる「ビジネス」へと堕落します。
しかしひとつ言えるのは、ゆうこすのAVが出たら10,000円払ってでも買うだろうということです。

では、どんな対応が一番興奮するのか。
最早完全に私の趣味の話になっていますが、もう少しお付き合いください。
私の考える最高の対応はこんな感じです。

 ゆうこすを盗撮した客が写真をネット上に公開して騒ぎに
   ↓
 「お金に困ってやってしまいました。今では本当に後悔しています…」と事実であることを認める
   ↓
 「身も心も穢れてしまったかもしれませんが、こんな私を許してください…」とファンに懇願
   ↓
 しかしまた困窮し、今度は金を持ったおっさん相手に店を通さず個人で援交
   ↓
 おっさんが撮影した映像が流出し再度祭りに
   ↓
 鬱状態になり休養、しばらく雲隠れした後、フリーオナニストとしてFC2ライブに現れる
   ↓
 たまにじ○うさんと絡み配信

ここまでやってくれれば256点くらいあげてもいいです。
クラナドといい勝負の踏んだり蹴ったりの人生ですが、股間への刺激指数は間違いなく犬がアンモニアを嗅いだレベルです。
まだ有料配信を見たことはありませんが、ゆうこすがこの通りにやってくれれば惜しみなく課金することでしょう。

自分でもだんだん何を言ってるのかよくわからなくなってきたのでこの辺にしておきますが、
結局何が言いたいのかというと、根拠のない噂話を鵜呑みにして人の名誉を傷つけるようなことをする奴は最低だということです。
そうだそうだー!ゆうこすを傷つける奴を許すなー!
\最低!最低!/

1900
プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。