スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(せ)カリスマ伝説 三

現場での研修が終わって本格的に営業活動を開始したのは10月頃。
それまで事務所にはいないことが多かったが、研修レポートを書きに帰社すると、いつも新入社員の私よりも早く帰る男がいた。
早く帰ってギターの練習をすることが人生のテーマである私にとって、その姿はカリスマ性さえ感じられるものであった。
カリスマ。いつしか私は心の中で、彼のことを定時上がりのカリスマと呼ぶようになった。

****

カリスマなのだから、仕事の仕方も全く普通の人とは違う。
カリスマ性溢れるパフォーマンスを発揮するため、昼休みは前後30分ほど余分に取って昼寝をする。

ある日、社内で見積もりを作る予定になっていたカリスマの姿が事務所から消えていた。
駐車場を見ると、空いていたはずの社用車が1台ない。
市役所か法務局にでも行ったのだろうとその場では流され、誰も気に留めることはなかった。

昼下がり、最寄りの保土ヶ谷バイパス狩場ICを使って、現場から工事部の社員が帰社し始める。
すると、多くの社員から狩場IC近くのセブンイレブンの駐車場に見覚えのある車を見かけたとの報告が寄せられた。
不審に思った工事長が、会社にいた若手社員Nに偵察を命じた。

そこに、カリスマは、いた。
会社を出ていった時間から計算すると、凡そ2時間ほど寝ていたことになる。全く動く気配もない。
起こすことまでは命じられていなかったNはカリスマを放置して会社へ戻り、一部始終を報告。
それからもう1時間ほどして、ようやくカリスマが帰ってきた。何食わぬ様子である。一同無言。
最高のパフォーマンスを確保するために、今日も、明日も、カリスマは寝る。

****

カリスマは昼寝をするのに人目など気にしない。
最高のパフォーマンスを発揮するために寝ているのだから、後ろめたさを感じる必要などないのだ。

カーシェアリングというサービスをご存じだろうか。
タイムズを筆頭に、レンタカーの類似サービスとして近年発展を遂げている成長産業だ。詳しくはググって頂きたい。
我が支店の営業マンには会社からこのカーシェアリングのカードが貸与されており、
社用車が空いていなければ好きなステーションから好きな車を借りることができる。

ある日私は、最寄りのステーションから車を借りて外回りをし、夕方に同じステーションに帰ってきた。
カーシェアリングはレンタカーと違って、車は必ず元あった場所に返さなくてはならない。
すると、隣に停めてあったカーシェアリングの車の前にあるべき、誤駐車防止用のマーカーが外れていた。
親切な私はマーカーを所定の位置に戻そうとしたのだが、そこで運転席に人が横たわっているのが見えた。
「うわあ!」と声を上げて驚いてしまったが、よく見るとそれは神々しいカリスマの寝姿であった。

特に何の命も受けていない私は、カリスマを放置して会社に戻った。
それから1時間ほどして、ようやくカリスマが帰ってきた。何食わぬ様子である。
私はすかさずタイムズカープラスのマイページにログインした。
カーシェアリングは返却後、法人なら登録者全員が使用した内容の詳細を閲覧することができる。
それによると、カリスマは3時間ほど車を借りていたようだ。
走行距離は0㎞とある。つまり3時間ずっとステーションからピクリとも動いていない。

しかしものは考えようだ。
昼寝によって実現するカリスマの神懸かり的パフォーマンスのおかげで数億の利益が生み出せるのなら、
3時間分のカーシェアリングの料金など塵芥の如き経費である。
3時間しか使わないのに6時間4,000円パックで借りていたことなど、もちろん関係ない。
そもそも6時間たっぷり寝るかもしれなかったのだ。少なく見積もって超過料金が発生してしまっては元も子もない。
リスクマネジメントの観点からしても、予め6時間分の料金を見込んでおくのは至極当然のことである。

会社はカリスマのパフォーマンスを上げるために、経費を払って睡眠場所を提供する。
そして会社のため、仕事のため、今日も、明日も、カリスマは寝る。

(続く)

----

※この物語はフィクションだったりノンフィクションだったり、脚色を含んでいたりいなかったりします。

1900
スポンサーサイト

(ほ)あの日の全てが空しいものだと

たまには交換日記らしく。
1900君が昔流行った「○○に100の質問」という話を書いていた。
当然、かの時代を経てきた僕もやったことがある。
ただしそれは「テキストサイト管理人に1000の質問」であるが。
残念ながら手近なところにバックアップが無いので晒すことは出来ない。
「100の質問」ですら有りがちだが、質問する側がネタ切れになっている例が多く見られていた覚えがある。
この「1000の質問」はとりわけ最後の方(200問くらい)は「飽きた?」とか「眠い?」とか中身のない質問が並んでいたはずだ。
作る方も作る方だが、答える方も答える方で、よく1000問も解答したもんだと、当時の自分を労わりたい。
「100の質問」といえば「バトン」というやつも、似たような時期に流行っていたような気がする。
これはチェーンメールよろしく、いくつかの質問の後に名前を指名して、指名された人はブログ等で更にバトンを回さなければいけないというようなルールだったと思う。
かなり流行っていたと思うが、いつの間に衰退したのだろうか。
この交換日記も折角複数人でやっているのだ。誰かを、もしくは全員を指名して質問に答えさせるなんていうのも有りなのではないか。

さて、一つゴミちゃんに聞きたいことがある。
「例えば、今日が人類最後の日だとして「バイト」と「ふぉるらじ」どちらに行きますか?」

あ、あとこれだけは言っておきたい。
ψSPARROWψは「日記サイト」ではなく、「隠しページ探しゲームサイト」です。

ジュン君は転職、ゴミちゃんは就職、1900君もどうやら転職を考えているらしい。
何か活動をしている訳ではないが、僕も転職(職場を変える)を考えている。
実際、今の仕事も、職場も大好きだ。でも機会があれば転職したいと思う。
周知のことと思うが、僕は理学療法士をしている。
そして理学療法楽しい!理学療法大好き!なんです。
理学療法士ってどこでもいつでも楽しい職業なんです。
でも、だからこそ、より楽しい場を求めたい。
今の医療制度、なかなか厳しいもんです。一般人どころか、医療・介護職ですら無知な人はよく知らないけれど、病院って色々種類があるんです。
となると種類によって出来る事が限られてくる。まだ具体的に的を絞ることは出来ないけど、少なくとも今の環境よりは自分の好きな事に適した環境をいくつも知っている。
まだまだ今の職場でやりたいこともやり残したこともあるけれど、3年後・5年後は分からないなぁ、と皆の就職・転職活動を見ていて思う、今日この頃。

Hojo80°

(ご)就職活動

こんばんにちは、ごみ袋です。
ジュン君はどうやら転職活動の真っ最中ですが、私も数年遅れの就職活動の時期が近くなってきました。
これは専門学校に入学してから知ったのですが、職種によって募集時期ってだいぶ違うんですね。
普通の会社の新卒募集はほぼ同時期に始まるものだとばかり思っていました。

私は専門学校では電気工学を勉強してます。(ラジオで喋ったかどうかは覚えてないんです。)
電気関連は募集時期が他に比べて早いらしく、実はもう企業説明会なんかは始まっています。
年齢の関係もあって今説明会をしている企業、募集が始まりそうな企業は残念ながら対象外なのですが、
来月の頭辺りに説明会がぼこぼこと入ってます。

恥ずかしながらちゃんとした企業の面接なんざ受けたことは無いので、不安しかないのが現状だったりするのですが、
次回のラジオで就職がらみのそこら辺のことを社会人経験のある素敵なお三方に聞いてみたりしたいですね!
3月末だともうどこかしらの企業に応募していそうな気もしますけれども…。
早ければGW辺りには決まってしまうそうですよ。
しっかり準備してきっちり就職して、めざせ、あんてい!

(じ)#13 転職活動

どうも、ジュンです。
転職活動を11月くらいから始めていますが、
今月に入って初めて面接を受けました。

最初は志望度そこそこのWeb広告代理店。
まだ選考が続いてます。
2社目はWebサイト作成のベンチャー企業。
ここは落ちました。
そして第一志望の企業。次が最終面接です。

なので次回更新時には結果報告したいと思います。

一つ分かったのは、業務多忙な時期に転職活動は難しい。ほぼ毎日終電だと面接する時間もそうだし、整理したり準備する時間がないです。
早めに自分の考えだけでも整理しておくのをおすすめします。

それでは次回どちらに転ぶか楽しみにしてください。笑

(せ)インターネット・オブ・ダブルオーズ

そもそもふぉるらじファミリーというのはどういう集まりなのかというと、
まあざっくり言ってしまえば中学生の頃からの地元の友達同士なんですが、
共通点として「当時からwebサイトを運営していた」ということが挙げられます。
運営と言ってもそんなに大それたものではなく、コンテンツはほとんど日記だけみたいなもので、
レンタルした掲示板を設置して仲間内でワイワイやっていただけのものですね。
ふぉるすたーらじおというのも言いだしっぺのほじょのサイト名「Folster」から来ています。皆さん知ってました?

それぞれちょっとしたコンテンツ(私の場合はゲームレビューとか)を用意してはいたものの、
どこも括りとしては「日記サイト」になるかと思われます。
そういったサイトの管理者や当時まだ走りだったブログ利用者向けに作られた、
「日記書きさんに100の質問」みたいなものも随分流行りました。

この度、約9年前の私(当時高校1年生)が答えた100の質問を発掘しましたので、ちょっと見ていこうかと思います。
まずはこちらのテキストファイルをご覧ください。原文ママです。

****

改めて見ると、私が如何に香ばしい少年だったかがよくわかります。
中学の卒業文集のタイトルが「By the Way」だったので当然といえば当然ですが。

気になるところを順番に見ていきましょう。まずは5番目の質問。

 Q.005 得意なネタは?
 A.005 エロゲーネタを書いてるときが一番キーを叩く指が軽い。


とか言ってる割に11番目の質問では、

 Q.011 Hワード(Hな言葉)はどこまで書けますか?
 A.011 エロいネタはなるべく書かないようにしてる。


などとチキっています。これはFateでお馴染みの「エロゲーは文学」的精神に基づきます。
「エロはあくまでストーリーを盛り上げるための一要素。オカズとかそういうんちゃいますし」という強がりです。
あと、童貞だからエッチな言葉を使うのが恥ずかしかった(結局はこれが一番でかい)。

次に29番目の質問。いきなりビッグなのが来ました。

 Q.029 自分の日記は一日分で何円くらいの価値があると思いますか?
 A.029 プライスレス。俺の言葉を金で買えると思うなよ。


かっこいいです。俺の言葉を金で買えると思うなよ。北島康介もバタフライで逃げ出す珠玉の名言です。
現代に生きるブロガーの皆さんもここぞというときに使ってください。
「有料のメルマガなどを配信する予定は?」などと聞かれたら、まず食い気味に大きめの声で「プライスレス」と言います。
相手が聞く態勢になったところで、たっぷり間を持たせて「俺の言葉を金で買えると思うなよ」。完璧です。
「俺の言葉を」までは目線を斜め上あたりに流しておき、言葉を切ってゆっくり相手と目を合わせ、「金で買えると、思うなよ」。
舘ひろしのように渋みを効かせて、自信たっぷりに言い放ちましょう。釈由美子レベルの女でも一発で落とせます。

次に行きましょう。

 Q.031 目標としている日記はありますか?どこですか?
 A.031 「むぅの家」さんの日記は面白い上にためになる。

 Q.053 閉鎖したら困るっていう日記サイトはありますか?
 A.053 「GamePlaza-HARUKA-」さんはいつまでも続いてほしい。


このあたりは時代を感じますね。前者は閉鎖、後者はもう4年近く更新していません。
後者は初期ふぉるらじを支えたヘビーリスナーであるバラバさんと知り合ったサイトでもあります。バラバさん元気かな。

 Q.057 チャットや掲示板遊びはしていますか?どこでしていますか?
 A.057 殆どMSNメッセンジャーで済ませてるから、あまり利用する機会はない。


MSNメッセンジャーというのも懐かしい響きです。毎日のようにほじょと喋ってました。
今はTwitterで独り言を垂れ流しているような状態なので、
特定の人と連続でやりとりするというのはこの頃に比べたら随分減ったように思います。
まあ、やろうと思えばLINEを使えばいいだけの話なので、ツールが変わったからというわけではないと思いますが。

後半はあまりコメントのしようがない質問が続きますが、97番目の質問。

 Q.097 日記サイトで「これだけはしちゃダメでしょ?」という事は何ですか?
 A.097 誹謗中傷。特に他人の容姿に関してのものは読んでて気分が悪くなる。


いいこと言いますね。ブスを非難するなんて同じ人間のすることとは思えません。
ブスにだって人権はあります。ブスだって可愛い服を着たい、素敵な彼に甘えたい。
生まれ持った容姿を貶すのは最も卑劣な行為です。イスラム国だってブスをバカにしたりしません。
ブスに住みよい社会を!ブスに寛容な国作りを!民主党。

****

このようなインターネットにおける自分史を回顧していると、つくづく私が中高生のときにSNSがなくてよかったなと思います。
1900とは言わば仮面。1900という仮面を被った私は、普段よりかっこいいことが言える。プライスレス。
しかし、インターネットというのは常に会話を録音されているような厳しい環境であるということを、
果たして中高生だった私の頭はどれほど理解できていたのでしょうか。
何気なくさらりと綴った言葉でも、9年後の自分に掘り起こされてバカにされてしまう。俺の言葉を金で買えると思うなよ。
そんな当時のままの形を丸々残した遺産の数々に、自分の本名が刻まれていなくて本当によかったと、
1900さんはすごく安心しているのと同時に、現在進行形で実名制SNSで持論を振り撒く中高生たちのことを、
まさに自分のことのように心を痛めて案じているのです…。

1900

(ほ)ゲリラ豪雨に蠕く泥水のように

お腹が痛い。
それは僕にとって1年365日、ほぼ毎日経験する感覚だ。
しかし犬や猫に様々な種類があるように、腹痛にも様々な種類がある。
ズーンと重い痛み、キリキリと締め上げるような痛み、ズキズキと刺すような痛み。
平成27年2月1日。
その日、僕が感じたお腹の痛みはいつもの”それ”とは違っていた。
例えるならば、世界が巨大な爪だとして、そこに並行世界からの侵略者が針を刺しているような、壮大で残酷でとてもちっぽけな一人の人間が相手にするには敵わない痛みだ。
こんなとき、人はどんな行動をとるだろう?
不思議なものだ。誰から教えられるわけでもないのに、人間というものは腹痛があると皆トイレに行く。
まるで目や耳や手足があるのと同じく、二重螺旋の設計図に元から記されていたかのように。
つまり腹痛になるとトイレに行くというのは、人間の持って生まれた本能のようなものなのだろう。
そして人間は知性によって本能を刈り取って発展してきた生き物であるが、それでも今だに抗えないことがある。
食欲、性欲、そして排泄欲だ。
そう、例にもれず、かくいう僕も迷わずトイレに行ったのであった。
そこで起きた出来事は真夏のスコールを思わせる、不謹慎な程の下痢だった。
いつもの下痢がブリストルスケール6なら、その日の下痢はスケール7だ。
つまり、本物の下痢だ。水だ。水様便だ。
しかも出せども、出せども、終わりを感じないし、腹痛も一向に収まらない。
辛い出来事というのは、どうしてこうも長く感じられるのだろうか。
ほんの10分程の奮闘であったが、何時間もそこで戦っていたかのような感じがする。
アインシュタインは”相対性”というものを”熱いストーブの上”と可愛い女の子”によって説明したと言われる。
もしこの下痢が可愛い女の子だったらと思わずにはいられない。
そうだ、今こそ下痢を可愛い女の子にしよう。
下痢を可愛い女の子に!
下痢を可愛い女の子に!

翌日、整腸剤と抗生剤を処方して貰いました。

Hojo80°
プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。