スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(せ)ハイスクールデイズ №1

「1900という人間がいたということを、頭の片隅にでも覚えておいてもらえたら…嬉しいです」

FF10に影響されまくったスピーチで中学校生活を締め括った私は、2005年4月、意気揚々と桐蔭学園高等学校に入学した。
今や大阪桐蔭高校が生意気にも「大阪桐蔭」という呼び名から「大阪」を取っ払って「桐蔭」などと名乗り始めているが、
桐蔭といえば今も昔も、大阪桐蔭でも和歌山の桐蔭高校でもなく、横浜市青葉区鉄町に悠然と聳え立つ、我らが桐蔭学園のことである。
1万坪を超える広大な敷地にあるのは、森、森、森、神社、紫陽花、カマキリ、セミの抜け殻、カルガモの親子。
…だけでなく、幼稚部から大学までの校舎やスポーツ施設に加え、
高名な文化人による公演や展示を行うためのホールやミュージアムも充実。
中でも私のおすすめスポットは、ソフトボールグラウンド横に位置する畑である。
敷地外なのでグラウンドとは高い柵で仕切られているのだが、上手く打ち上げてここにファールボールを落とすと、
畑の主である通称“リアルカミナリさん”が高確率で現れ、ボールを取りに行った生徒にリアルカミナリを落とすのである。
「ファールボールを打った生徒」ではなく「ボールを取りに行った生徒」に落ちるのがリアルカミナリの特徴だ。後は推して知るべし。

****

あまりのスケールの大きさに色々と戸惑いつつも、華々しい高校生活の幕開けを確信していた私は、
中2で罹患した「オタク文化を理解している俺カッコイイ病」の後遺症で、小説版サクラ大戦をカバーもかけずに教室で読んでいた。
すると、一人の男が声をかけてきた。

「おっ、富士見ファンタジア文庫なんて珍しいじゃん」

こいつ…本物だ!
表紙をチラッと見ただけで文庫名までスラスラと出てくるのは、単なるオタク(中略)カッコイイ病のレベルではない。
これが当時のハンドルネームを如月、後にエル坊と改名する、今や10年来の付き合いとなる友人との出会いであった。

入学してしばらくは、サクラ大戦で仲良くなったエル坊と行動を共にしていた。
余談だが、2003年11月に引っ越した後の1900邸に泊まったことがあるのは、後にも先にもエル坊ただ一人である。
我が校にはクラス替えはおろか、席替えという概念すら存在せず、
入学時に座ったその席で3年間を過ごすことになる(ただし、留年、退学、転校などによる空席が生じた分は翌学期からスライドする)。
休み時間に一番前のエル坊の席まで喋りに行くと、
自然とその隣のクケン、更にその隣の手綱という男を交え、4人で会話する機会が増えていった。
クケン氏とは今でもよく一緒にサバイバルゲームに行っている。
最近カローラの頭金を払って預金残高が5桁になったらしいが、残りの4年ローンによって自殺に追い込まれないか心配だ。
手綱氏は職がないこと以外は何も悩みがないと豪語している。
彼は私の影響でサクラ大戦ファンになり、今では私など比べ物にならないほどサクラ大戦に精通している。
こうしてサクラ大戦とその他諸々が導いた絆により、高校生活を共に過ごす4人衆が集ったのである。五三の桐に浪漫の嵐。

****

1年生のときの思い出で一番印象深いのは、帰国子女のクラスメイトであるスコップくんのことだろうか。
何故スコップくんという名前なのかは長くなるので説明を割愛するが、
彼が海外ドラマ「HEROES」の悪役であるサイラーにクリソツだという情報は付記しておく。
スコップくんは人とは少し違った感覚の持ち主で、
日頃から「俺はドラムの世界大会に出たことがある」「俺は喧嘩格闘技10段の腕前だ」と、よくわからない自己主張を繰り返していた。
そんなこともあってか、オオスズメバチよりも攻撃的だと言われる桐蔭生たちの悪戯の標的になるのは避けられないことであった。

当時流行っていたのはブラックメールというありきたりな悪戯で、
要は女の子の振りをしてフリーメールでスコップくんにメールを送り、そのやりとりを多人数で共有するというものである。
私にもアドレスとパスワードが回ってきていたのだが、PS2版サクラ大戦3の攻略に忙しかった私は特に見てもいなかった。
元々あまりこういう悪戯に積極的に参加する気が起きなかった育ちのいい私であるが、
忘れた頃にふとメールボックスを覗いてみると、既に悪戯だとバレて修羅の様相を呈していた。
「殴る」「殺す」「クラス全員血祭りに上げる」「喧嘩格闘技」などの物騒なフレーズが並んでいて恐怖を感じた私は、
現時点ではまだ中立であろう立場を利用して先手を打つことにした。

スコップくん、こんにちは。
僕が何故君のアドレスを知っているのかというと、ご存じの通り、クラス中に悪戯メールの件が知れ渡っているからです。
でも正直僕は最初からこんなこと気乗りしなかったし、何より君の喧嘩格闘技の腕前を恐れている。
だから僕は君に協力することにしたんだ。悪戯メールの主犯は○○くんと××くんです。


こんな内容のメールを送った数日後、私は担任の先生から執務室に呼び出された。

「1900、お前の勇気ある行動でいじめが一つ解決した。感謝している。これはお前に返すことにしよう」

こうして私は、授業中にアラーム(エロゲー「斬魔大聖デモンベイン」のBGM)が鳴り響いて没収されていた携帯電話、
及びたまたま一緒に鞄に入れていた「ヘルシング」6,7巻を取り戻した。
無論、最初からこれが目的だったわけではない。
善行をして功徳を積んだ者には、等しく幸せが訪れるのである。五三の桐に浪漫の嵐。

(続く)

----

※この物語はフィクションだったりノンフィクションだったり、脚色を含んでいたりいなかったりします。

1900
スポンサーサイト

(ほ)投げ槍

時は流れ、場面は移ろいでいく。
ジュン君と1900君が転職、ゴミちゃんは就職間近といったところだ。
俺も今日で勤務していた病院での業務が終わった。
そして、4~5ヶ月の間いっしょに過ごしていた甥と姪も義兄の赴任先へ旅立った(姉も)。
時には抗いたい過去に、時には病魔に、多数の人が時間の推移に抵抗を試みるが、それは叶うことは無く、無情にも時は過ぎ去っていく。
就職して3年間半、色々な事があった。
最初は分からない事だらけで、何もできず、動く度に周囲の人に迷惑をかければむしろ仕事を増やしていたように思う。
時を追うごとに学ぶことも増えていって、分かることも増えていって、気がついたら後輩が出来て、色々な科内外の活動を兼任し、鏡を見れば白髪も増えた。
それでも不思議な事に、日々分からないことは増えていって、知れば知るほど分からなくなって、でも分かることも増えていって。
そんな毎日は苦悩や苦労もありながらも、とても充実していたものだったと思う。
誰よりも自由に動き、誰よりも自由に発言し、人材の不足した所属科では中堅を担っているだけあって好き勝手することもできた、様々な面で全力で楽しむこともできた環境だったのではないだろうか。
思い返すと、反省点は多分にある。でも常に楽しく過ごせたことは自分にとっても周囲にとっても良い結果は残せたのではないかなと思う。
来月からは外来専門の部門に移動となる。それもきっと楽しいだろう。
俺は現状に満足するつもりは全くないが、現状を楽しめないことは思想においても、人生に置いても損だろうと感じている。
これから先、兎に角面白い事、楽しい事を沢山見つけて、このくだらない世の中を少しでも煌びやかな毎日に染めていけたらと切に願う。
今月はあとは有給消化で連休になる。折角だから甥と姪に早速会いに行くことにした。
雄大な自然にでも触れて心身リセットしてきたい。
様々な面で環境が変わるけど、俺も日々頑張って行きたい。

まー何が言いたいかって、たまたま被った部署の飲み会で、今日で最後だと思うと寂しくなって目から汗が止まらなくなって恥ずかしかったって話です。
今日が割り箸も締切だから、真面目な近況報告をしてみました。
また次回。

(ご)ゆきあつで草不可避

前々回のほじょ君の記事で突如追加された新ルールですが、一つとーっても不安になるものがありまして。

≪⑥500字(目安)にも満たないペナルティ回避目的だけの短文の投稿は禁止とする。発覚した際にはペナルティを課す。≫

このルールですよ。500文字!?そんなに行かねーよバカかこいつは何言ってんだ!
1900君やほじょ君は今までの記事を見たり、
ラジオでの発言を聞く限りは一度にたくさんの文章書くことが出来る方々の様ですが、
僕の過去の記事を見ていただきたい。どうよこの圧倒的に少ない文章量。
ジュン君に至っては会社でうんこしてる振りしながら書いた記事すらある始末ですよ。
どうしてこう僕やジュン君に不利なルールばかり追加されていくのか…。
と思いつつ前回のはつたいけん#4の文字数を数えてみるとなんと改行空白はカウント除外で797文字。
意外と500文字書けてました。ごめんね、バカなのは僕だったよ。



話は全然変わりまして、
今まで1年以上こうして共同ブログなるものを続けてきたわけなのですが、
FC2ブログの管理画面は今まで下書き、画像アップロード、記事投稿・編集画面くらいしか
使ったことがなかったので、どんな機能があるのか色々ポチポチしてみました。

前回のラジオでちょっと話題に出たような気もするのですが、
いったい何人くらいに見られてるのかふと気になったので、
(もちろん全世界60億以上の人が見ているのは知っているのですが、具体的にどれくらいのアクセスが気になりました)
カウンター的なものが無いか探してみたのですがそんなおしゃれな機能はFC2ブログ様にはついていませんでした。

かわりに発見したのが、訪問者リストという機能。
どうやらこれは他のFC2ブログユーザーさんが割り箸を閲覧した際にログとして残り、
誰が訪問してくれたのかふぉるらじファミリーが閲覧できるようになる機能の様です。

ということでどんな方に訪問されているのか確認してみると、
FC2ブログアクセスアップなる完全にFC2ブロガーをターゲットにした足跡アフィリエイト戦術をかましているブログから
足跡を付けられていました。既に60億超の方々から閲覧されている当ブログに足跡を付けるとは片腹痛いですね。

あとはカテゴリ教育関係の方に閲覧されていたり、結構関係ないユーザーの人から見られているみたいですね。
特にこの教育関係の方はペナルティが風俗に行く、だったり乳首やら海綿体VS括約筋などという教育上大変よろしくない、
というか意味が分からない単語が飛び交うこのブログを読んでいったいどのように思ったのでしょうか…。


その他の機能を見ているとなんと!ブログの書籍化までできるらしいです。
このまま何年かこのブログが途切れることなく続いていき、5周年の節目の時期とかに書籍化出来たら
とても面白いような気がします。
カリスマ伝説やら、一時期のうんこ記事の連続やら、サンキューレポやら、ユミちゃんとの淡い思い出など、
5年たってから本にされて読んだらきっと頭抱えちゃうんじゃねえかなあ…。

(じ)#21 東京ゲームショウにいったよ

どうも、ジュンです。
9/17(木)に東京ゲームショウに初めて行きました。

昔から行きたいと思っていましたが、今の勤め先はゲーム会社がエンドクライアントとなることもあったりするので、
ビジネスデイである初日に行くことが出来ました。

仕事の関係で15時から17時までの2時間しか入れませんでしたが、
ビジネスデイのおかげですごく空いていました。

今回はスマホで撮った写真を共有します。テキスト量は少ないです。
コンパニオンの写真も撮りました。

IMAG3269.jpg
入口のポスター。

IMAG3270.jpg
初回入場口から入るとまず見えてきたのはsupercellのCrash of Cran。やはり海外で成功しているアプリの方が広告予算持っているんですね、最高の位置に構えてました。

IMAG3278.jpg
EAのSTARWARS BATTLEFRONT。列に並んだ希望者がゲームをプレイしてチーム対戦ができるのですが、音響が臨場感あって凄くかっこよかったです。最近渋谷のLOFTにSTARWARSグッズ買いにいったばかりだったので、ワクワクしながら見てました。

IMAG3282.jpg
グランブルーファンタジー。Cygamesのブース。
最近のCMはあまり好きじゃないんですが、リリースしたてのころのCMは、アプリでも面白いゲームでるんだ、と感じたものです。

IMAG3286.jpg
Playstationのブース。ハードゴリ押しっていうよりかはソフトをかき集めてきて紹介している感じでした。

IMAG3288.jpg
KONAMIのブース。最近めっちゃはまってるパワプロのアプリのコーナー。
自分が育てた選手でバッティングをすることでアイテムがもらえるイベントをやっていました。

IMAG3289.jpg
こんな感じでゲームセンターの格闘ゲームで使うようなスティックを使ってバッティング。
練習3球、本番3球なんですが、普段スマホで捜査してるのでスティック操作が慣れませんでした。
スイングはこのスティックを押し込むという仕様なので押し込んだタイミングで若干カーソルが上に行ってしまいました。
ストレートしか投げてきませんが、少しボールの下を狙った方が良いかもしれません。

IMAG3292.jpg
ウイイレというかPESの最新作をプレイしました。10月1日発売だそうです。

写真禁止でしたがMetal Gear Onlineもプレイしました。
8vs8 のチームデスorフルトン回収戦をしました。
勝者・敗者両チームの最高成績者がストラップをもらえるようです。
たまたま同じチームで隣でプレイしてた人がそれをもらっていて、どんなのですかって声かけたら「一番くじと同じやつですね」って言ってました。
自分は一番くじやってないんで知らないですけど、この人相当好きなんだろうなーと思いました。

そしてここからがコンパニオン。
スマホで撮ったっていうのと集団で撮影タイムっぽいときに混じっただけなので
大した写真はありません。

IMAG3299.jpg
バンナム

IMAG3287.jpg
KONAMI

IMAG3303.jpg
ソニー

IMAG3302.jpg
SEGA

IMAG3306.jpg
ADWAYS

IMAG3304.jpg
楽天

いかがだったでしょうか。
一般向けの公開は9/19(土)~21(祝)となりますので少しでも参考にしていただいて観に行ってもらえたらと思います。

それではまた。

(せ)Black or White

転職して約2週間が経とうとしています。
8月最終週に九州へ渡り、福岡と熊本を行ったり来たりして最後の夏休みをエンジョイした後、
熊本支社に2日間出勤してまた東京へ。
今は本社研修の合間、2回目の週末を迎えているところで、来週の火曜日にはまた熊本へ帰ります。

この2週間足らずの間にも、既に色々なことがありました。
まず、8月の半ばに一度物件決めのために熊本に行った際、一度支社長と顔合わせはしていたのですが、
その際私は前日食べた刺身に中って腹を壊し、会社の会議室を借りて3時間くらい寝込むという失態を犯していました。
しかも帰り際に支社長と一緒に食事をした際、話の流れでHKTファンであるということをベラベラ喋ってしまい、
9月1日に初出社すると支社外のブロック統括部の方からも「コンサートは楽しかったですか?」と聞かれる始末。
支社長には博多座の話をしており、(推しメンの梅本泉さんは出演していないので)熊沢世莉奈さんを応援しに行くと伝えると、
熊本支社ではいつに間にかすっかり熊沢世莉奈推しということで定着してしまいました。言葉が足りなかったようです。
そんなこんなで、何かと「刺身」「熊沢さん」というキーワードでいじられることが多いですが、
まあ正体を隠してやっていくのもどこか余所余所しくなってしまうのは前職でわかっていましたし、
何も悪いことをしているわけでもないので、これからは堂々とHKTの人として働いていきたいと思います。

ちなみにちょっと真面目な話をすると、流石にギャラがいいだけあって時間の使い方は非常にシビアな会社で、
前職は詰め込めば2週間で終わる研修をのんびり1ヶ月行い、更に半年もの間現場に出て実地研修というカリキュラムでしたが、
新しい会社はオリエンテーションとコンプライアンス研修を数日行った後、商品知識を1週間で詰め込み、
支社に帰ったらいきなり担当を持って実務に取り掛かるとのことで、新卒と中途の差はあれど、
使えるようになるのを悠長に待ってくれるような状況ではありません。
研修中はホテルに帰った後も復習しないと、未経験者はついていくのでやっとという感じです。
ただ、社内でも研修専門の部署が存在するだけあって、研修内容は非常に充実していて、
月から金まで研修を受けて実家にある保険証券を見てみると、書いてあることの意味がばっちりわかります。

あれ、ここで転職先は生保会社だと言ったことありましたっけ?父と同業者になりました。
1年くらいはひたすら勉強することになるとは思いますが、一応は専門職ですので、保険をご検討の際は是非ご連絡ください。
私の仕事は代理店の営業支援で、入ってもらおうがもらうまいが数字には影響しないので、フラットな提案ができるかと思います。
もちろん、熊本旅行のついでに私の担当代理店で保険を買ってもらえれば一番嬉しいですが…。

****

さて、ここで一つ連絡ですが、次の連載企画について、この間言っていたレビューはやらないことにしました。
実際にやってみて無理だったとかではなく、動画ファイルが消えていたというのが理由です。
また改めてリッピングするのも面倒臭いし、かと言って文章だけってのも盛り上がらないし…。
というわけで、次回からは昔のことについて書こうかと思います。
某袋氏みたいに「乳首、舐めて」などという不愉快極まる展開にはなりませんのでご安心ください。
ずっとふぉるらじを聞いてくれている方は耳にしたことがあるであろう名前もちらほら出てきますので、
そんな登場人物たちの人間性を掘り下げていけたらなと思います。乞うご期待。

1900

(ほ)欲張って二つのものを同時に手に入れようとしたために、結局はどちらも得られず失敗すること。

前回のジュン君の記事に物申したい。
タイトルが「(じ)#20 踊ってみたはやることにしました」になってるけど、「やることにしました」じゃない。
やる」んだよ!そこに選択権は無いんだよ!好きなものをやりましょうって学芸会じゃないんだよ!

前回のゴミちゃんの記事にも物申したい。
な~にが「乳首、舐めて」だよ、クソヤロウ。


ところで、一昨日は職場の人たちと近くの山にバーベキューをしに行った。
そこで悲劇は起きた
君たちは知っているだろうか「ブヨ」という虫を。

美味しく肉とビールを頬張っていた一昨日の夕刻。そこで降り始める雨。
すると蚊のような虫がチラホラと沸いてくる。
足元に集る虫を払いながら、よくよく見るとどうやら蚊では無いようだ。
小蝿のようなデザインの虫に「蚊では無い小さい虫なんか放っておこう」と高をくくる。
それが間違いだった。
今なら分かる。何が何でもあの虫に身体を触れさせてはならなかった。
そう、ヤツの正体は「ブヨ」だったのだ

帰りの車の中で、虫に刺されたような跡が両脚に何か所かあることに気付く。
蚊に刺されたにしては痒くないし、何よりも傷口の穴から血がでた痕跡が残っていた。
「うーん、山の蚊は変わってるなあ。」それくらいに思っていた。
その日までは・・・。

翌日、とても脚が痒い、そして痛い事に気がつく。
見ると昨日の虫刺され跡がぷっくらのふくらみ、発赤が広がっているではないか。
これが痒い。じっとしていられない程、尋常じゃなく痒い
しかも治っていくどころか、徐々に腫れと痒みが増していく
その日は夜も満足に眠れず、朝を迎えることになる。

そして今日。
朝から痒さに目が覚める
見ると、さらに広がる発赤と腫れ
左脚に2か所、右脚に3か所。両脚が疼いて仕方がない。
ここでグーグル先生に聞いて、初めて一昨日の虫の正体と、その虫の脅威を知る。
以下、wikipediaよりブヨの害について引用する。

カやアブと同じくメスだけが吸血するが、それらと違い吸血の際は皮膚を噛み切り吸血するので、多少の痛みを伴い、中心に赤い出血点や流血、水ぶくれが現れる。その際に唾液腺から毒素を注入するため、吸血直後はそれ程かゆみは感じなくても、翌日以降に(アレルギー等、体質に大きく関係するが)患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり激しい痒みや疼痛、発熱の症状が1~2週間程現れる(ブユ刺咬症、ブユ刺症)。体質や咬まれた部位により腫れが1ヵ月以上ひかないこともままあり、慢性痒疹の状態になってしまうと完治まで数年に及ぶことすらある。多く吸血されるなどした場合はリンパ管炎やリンパ節炎を併発したり呼吸困難などで重篤状態に陥ることもある。

ひぃぃぃぃぃぃ!!ブヨ恐ろしぃぃぃぃ!!!
しかも「一般的なカ用の虫除けスプレー等は効果が薄い」という防御力の高さ
さらには「掻くと腫れが一向に引かなくなり(結節性痒疹)、治ったあともシミとして残るので、決して傷口を触らないことである。」というダブルバインド

職場でひとまず課長に話すと、課長も昔ブヨに咬まれて手が腫れあがりステロイドを点滴する羽目になったことがあるとか。
しかし不幸にも本日は皮膚科も形成外科も外来が休みの日。
職場は入院と外来が別部門であるため、入院の先生に診てもらっても薬の処方は出来ない。
どうにか内科の先生に頼み込んで診察・薬の処方をしてもらった。
内服の抗ヒスタミン剤ステロイド。加えてステロイドの軟膏
ブヨという虫の恐ろしさがこの万全の処方からも伺える。
早速、薬を使用した所、痒みは落ち着き、周囲の腫れも多少引いてきた。

そんな今の状況がこちら。
KIMG0246.jpg

右脚の2か所だ。
一度症状が落ち着いてきても、数カ月たってからぶり返すこともあるみたい。
油断せず、しっかりと処方された分の薬は使い切ろうと心に堅く誓うのであった。

Hojo80°

(ご)はつたいけん#4

恐らく人生最後であろう夏季長期休暇を過ごしている僕ですが、
1月にも及ぶ乱れに乱れまくった生活リズムで過ごした結果、
顔面の吹き出物の量が尋常じゃないことになっています。

何が大変かというとただでさえできることなら目出し帽を被って
生活したくらいの残念フェイスな上に、更に無数の吹き出物発生で祟り神に
なりかけた乙事主の様な顔面になってしまっているのもそうなのですが、
何より髭を剃るときにカミソリがぶち当たって痛いのなんのって。

あと4日で終わりを告げるぼくのなつやすみですが、
生活リズムを元に戻さないとこれから更に大変なことになってしまいそうです。

因みにこれ書いたら寝ようかなとか思ってます、、、




-------------------------------------------


「乳首も触っていいよ」

ユミちゃんに言われるがまま彼女の二つの突起に手を伸ばしたごみ袋君は、
そのまま彼女の乳首を撫でまわし続けました。

本能の赴くままにユミちゃんの乳首に刺激を与え続けているごみ袋君ですが、
刺激を与え続ける中、頭の片隅では

『なんでユミちゃんはこんなことをしてもらおうと思ったのだろう』

という考えが浮かびました。
しかしまだ幼いごみ袋君にはこの行為が何を意味しているか理解できるようになるには年齢的に程遠く、
答えを見つけることはできませんでした。

ごみ袋君はなぜユミちゃんがなぜこのような行動に出たのかわからないまま、ふとユミちゃんの顔を見てみると、
彼女は特に表情を変えることもなくごみ袋君に胸を触らせ続けています。
ユミちゃんの表情からは何を考えているのか読み取ることが出来ませんでした。

触られ続けながらも一向に反応の無いユミちゃんを前にして、
さすがのごみ袋君も少しづつ冷静さを取り戻してきました。
たった今抱いてしまった疑問もありいったいいつまで続ければいいのだろうと思い始めていたごみ袋君ですが、
ユミちゃんの次の言葉にごみ袋君はまたも翻弄されることになります。


「乳首、舐めて」



つづく




※次で終わりです。

プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。