スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(じ)#23 転職して

どうも、ジュンです。

転職してから半年が過ぎました。

今や1900も転職をして
新たな舞台で頑張ってるわけですが、
僕が転職して気付いたことを書きたいと思います。


1.転職するのは悪いことか

転職活動を始めたとき母親から「やはり私の時代は終身雇用が普通だったから、時代が変わったとはいえやはり不安に思う」と言われました。

僕は大学を卒業して、創業100年を超えグループ社員数が10万人を超える大手企業の本社に入社しました。
母親は凄く喜んでいました。

その会社で活躍していくにはある程度“レール”が敷かれています。
20代で激務に耐え、20代後半~30代前半で主任に昇進。
30代はバリバリ働いて実績もあげ、充実した日々を過ごす。
30代後半~40代前半に課長に昇進し、中間管理職として上からも下からも詰められる日々を過ごす。
その後部長に昇進できたら大したもの。
さらに本部長代理、本部長、ユニット長、役員に上がれる人は、実力と運を兼備した本当に本当に限られた人です。

これこそが母親が思い描く、社会人像だったと思います。
特に僕の親族で大学に進学したのは僕だけでイメージが先行していて、理想通りの会社だと思ったはずです。

敷かれたレール、制限されたルールの中を少しずつ進んでいくのもありだと思います。
そのなかで成長した人の立派な姿は容易に想像ができます。

ただ僕には合いませんでした。
会社が決めたルールという枠にはまって、自分がやるべきことを我慢していて、時代のスピード感についていけるはずがないと思いました。

人数規模が多い会社はどうしてもルールを決めなくてはいけないと思います。またスピード感が求められない安定した業界もあると思います。

ただ流れが速い業界で、組織が走り続けるにはルールを決めすぎてはいけないと思います。

またやることを制限されていれば当然成果もある程度しかあがりません。評価や昇進だって“順番”があります。
自分の力をすぐに活かし認められたい人なら、あまり大きすぎる会社は選ばない方が良いと思います。

成果主義が全て正しいとは思いません。
人によって終身雇用が合う人もいると思います。

結局合う、合わない、人それぞれだと思います。

合わなければ軌道修正すれば良いと思います。


時間がやばいので続きはまだ今度!


スポンサーサイト

(せ)俺は 誰だ 誰だ 誰だ

9月1日に転職してから、早2ヶ月が経とうという今日この頃ですが、
その間に1週間以上の長期研修が東京で2回あり、まともに仕事をし始めたのは今月の3連休明けから。
これまで一番長く実家を離れたのは、前の会社に入社したときに山梨の本社で研修していた1ヶ月ちょっとですが、
今のところ熊本には連続で1ヶ月以上滞在していないので、まだ山梨の記録が生きています。
とは言え、1月は9~11日の3連休に帰省するので年末年始は熊本におり、
それまでの間、つまり年内は実家に帰らない予定がほぼ決まっているので、この記録はすぐに塗り替わります。

入社前はもっと頻繁に帰るだろうと思っていましたが、前もって予約しておかないと飛行機代は高くなるし、
何より家から熊本空港まで1時間近くかかるので、行って帰ってくるのが面倒臭い。
関東にいる間はギターやら何やらのイベントにしょっちゅう顔を出していましたが、
行かないと行かないでだんだん興味が薄れてきて、休日の時間を完全にHKTに支配される日々。
いや、なんか悪いことのように言ってますが、今死ぬほど楽しいですからね。

熊本に来てからというものの、仕事以外で人と会話する機会が皆無で、
いやまあ、「ちぃず~⤴」とか「ゆかちゃ~ん⤴」とかは叫んでますが、それはそれで別として、
どんどん自分の精神状態が無機物に近くなっていくのを感じています。
定期的にラジオでもやりたいところなんですが、土日は土日でやることが多くてどうにも。
誰か料理と洗濯だけしに来てくれませんかね。掃除は好きだから自分でやりたいんですけど。

時間がないので今回は手短に。
次回はハイスクールデイズなのでちゃんと考えときます。

1900

(ほ)元祖 ゴミ袋伝説

ふぉるらじメンバー皆、色々と環境の変わる中で毎日を生き延びているようだ。
ふぉるらじを開始してから8年半。小学校6年間よりも長く続く僕らは、仲間として強い繋がりを得ているのかもしれない。
しかし、僕は思う。この4人は決して対等ではない。
何故なら僕とジュン君の2人に対して、ゴミちゃんと1900君には社会経験が足り無すぎる。
その差を埋めるには、1週間以内に記事を書く事を忘れてしまった苦い思い出とか、「感謝」とはどういう物か身を持って味わうような経験が必要だろう。
そして、はじめて4人は対等な関係になれるんだ。

そんな4人ではあるが、俺が中でも一番中高生時代を知っているのはゴミちゃんだ。
ゴミ袋、以前のハンドルネームはゴミ箱と言った。
今では遂に企業への就職が内定したゴミちゃんであるが、以前の堕落したフリーター生活を送る「ゴミ人間」という印象が皆の中では強いのではないかと思う。
だが、それは違う。断じてゴミちゃんはそんじょそこらにウヨウヨといる人達は違う、特別な存在なんだ。
そんなゴミちゃんの事を、記憶にある限りで気が向いた時にでも書いていこうと思う。

出会いは中学の時だった。
最初の時の事は良く覚えていないが、あの頃はMSNメッセンジャーを使用しよく話していたのを覚えている。
当時のゴミちゃんはかってに改蔵とガンダムをこよなく愛する美少年だった。
そう、何を隠そう、ゴミちゃんはモテモテだったのだ(果たして今は知らないが)。
ジュン君も(特にブスに)モテモテだった事はラジオでもよく出る話題であるが、ゴミちゃんはそれ以上だったはずだ。
周囲からはジャニーズ系、可愛い、カッコいい、様々な賛辞の言葉が飛び交い、それ故に年上からも年下からも熱い視線を送られていたのだ。
以前にも話題にした事はあるが、中でもその愛の形に周囲も困惑した事例を紹介したい。

その女の子はT子といった。T子はゴミちゃんの事が好きで好きで、夜中にゴミちゃんの写真を見ては心を濡らしていたらしい。
「ラブレター事件」はあまりにも有名で、只でさえ望まぬ愛情に困惑していたゴミちゃんに、敢えてわざわざその愛情を突きつける事で心に火傷を負わすという非常に痛ましい事件であった。
しかし僕がその愛の奥深さと狂気を最も感じたのは別の事件だ。
それはとある他市との交流会での出来事だった。
何日間か他市の学生と共に過ごし、その生活やレクリエーションを通じて親睦を深めようというイベントだ。
事件はその夜に起こった。
総じてモンスターや幽霊といったものは夜間に出没する事が多い。
夜の闇には得体の知れぬモノが潜み、人を狂気に陥れる。
その時もそういった狂気がT子を狂わせたのかも知れない。
例えば好きな人と共に夜を過ごす機会があれば、どんな少年もどんな少女も甘い夢に期待を膨らませるだろう。
愛の権化とも言えるT子は尚の事、そうであったはずだ。
だが愛情とは時として人を狂わせる。
夜に、愛に、狂ったT子はゴミちゃんにとっては最早怪物にしか見えなかっただろう。
毎夜、T子はゴミちゃんを探した。探して見つけては少しでも共にいようと、あわよくば2人になろうと、縮まらない心の距離とは反対に物理的な距離を縮めてきた。
ゴミちゃんは逃げた。それはもう、逃げた。
誰も居ない部屋の押入れの中に隠れようとしていた事を僕は忘れない。
例えるならば、少し前に「青鬼」というゲームが流行っていたが、アレを想像して貰えれば良い。
リアルに青鬼に追いかけられるのだ。恐ろしいことこの上ないだろう。
しかし待って欲しい。果たしてT子は元から化け物だったのか?そもそもT子も恋という魔物に襲われた被害者の1人なのではないか?
・・・そう、ゴミちゃんの美貌は時として、人を狂わせるという事だ。

そしてこの内容は、俺の知りうる限りの事実を書き並べたノンフィクションである事を最後に伝えておきたい。

(ご)でんしゃでごー

ひぃい、あぶない。
もしかしたら今までで一番期限ぎりぎりなような気がします。

学校の授業も残すところ4か月余りとなりあっという間に社会人が近づいてきました。
他の人がどうなのかは全く分かりませんが、僕の通う学校の電気科ではレポートを全部手書きで書かせるんです。
2年次後期では今まで半日だった実験が1日になり、しかしレポートを各期限は伸びないと、データ量だけでいったら、
単純に倍の作業をやらされておりまして、それにかかりっきりになってしまった結果…

割り箸の存在を忘れかけてしまっていました。
あくまで忘れかけていただけであって忘れてはいませんでしたよ?
先日は朝起きて一番初めに思ったことが割り箸を書かないとサンキューになっちゃう!やばい!
というとんでもない目の覚まし方をしたりもしましたし…。


皆様お待ちかねのユミちゃんなのですが、実はあの文章量だけでも書くのに1時間くらいかかっているので、
今回はちょっとお休みさせていただきます。
次の順番来るまでにメモ帳かなんかにでも書いておきますね。


学校関連でもう一つなのですが、ここ最近少しだけ早く家を出るようにしています。
必然と乗る電車の時間も早いものになっているのですが、
今まで乗っていた京浜東北線が乗車率的には朝のピークだと思っていたのですが全然そんなことはありませんでした。
上には上があったようです。
まあそんな満員電車に乗っていた時のことなのですが、電車に乗ると案の定満員でした。
満員電車に乗ったことある人ならもはや常識だとは思うのですが、
先頭で電車に乗ると後ろからの人に押されて電車の中でつんのめっちゃうことってあると思います。

しかし僕が乗ったその電車の先頭で乗車した高校生は少し様子が違いました。
電車に乗った瞬間からわざと周りの人に体当たりを繰り返しています。
あれはもう明らかにわざとです。周りの人たちもすこぶる迷惑そうにしている中電車は出発します。

僕が京浜東北線に乗っているのは1駅の間だけなのですが、どうやらその高校生も僕と同じく次の駅で降りる様子。
彼を見ていると降車駅のホームに電車が入った時から様子がおかしいです。これはまさか…。

停車。扉が開きました。
その瞬間彼は大暴れで後ろの人に背中から激突、その反動を利用して前の人に激突。僕も肘鉄食らいました。

軽くイライラしながらも電車を降りその高校生を見ていると、その彼に後ろから近づく人が。
風体はよく中学の時にいたガラの悪い方をそのまま40台中盤のおじさんにした感じで、
白いパンツにグレーのシャツ、セカンドバックは白い革でできています。

そのおじさん、高校生の彼を後ろから思い切り蹴飛ばして颯爽と階段を昇っていきました。
多分同じ車両に居て被害受けたんだろうなあ。正直気分良かったですけど。

と、電車の中では楽しい?ことがいっぱいです。
柴咲コウの写真がでかでかとプリントされたTシャツ着てるおじさんを見た時は部屋着に欲しいなと思ったこともありました。



(じ)#22 ふぉるらじ is the worldwide broadcasting channel

どうも、ジュンです。

前々回の投稿でちょろっと書かせてもらいましたが、
このブログにGoogle Analyticsのタグを埋めさせてもらいました。
そのタグを全ページに埋め込むだけでアクセスログとかが細かく分析できるんですね。
今の業界で関係あるツールなのですが全く使ったことがないので勉強がてら使ってみました。

そして9月分のデータだけ抽出して非常に簡単なユーザーサマリを見てみました。

access01.png

上の画像の通り、9月単月の総ページビュー数は221です。
セッション数で割ってみると1.38。つまり1アクセスで約1ページ見ているということですね。
いくつかのページを見ていく人は少ないんですね。

そしてそのセッションを国別に見てみました。

access02.png

やはりふぉるらじはグローバル。
全160セッションの12件は海外から来ています。

その国は全6か国。
アメリカ・ロシア・アルゼンチン・中国・ドイツ・オランダ

アルゼンチンからのアクセスもあるところを見ると
「南米の夢」をお題としたふぉるあーとを配信した実績が
ちゃんとリスナーに響いているんですね。


とまぁ書きましたが、実際はウェブクローラー(通称スパイダー)というシステムがあって
世界中のウェブサイトを訪問して情報収集してます。
海外からのアクセスを全てスパイダーだと想定すると、ユーザー数は28人。
さらに再訪率を考えるともっと少ないと思うのです。


そう思うとですね、
見ている人に対するペナルティのレベルっていうのを
考え直すべきなのではないかと思うわけですよ。

やはり他のふぉるらじメンバーにも同じ苦しみは味わってほしくない。
もっとマイルドで優しい世界があって良いじゃないか。


僕は、ほじょくんは、28人のために自分の人間としての尊厳を失ったんです。


1900君、ごみちゃんも
僕らと同じように人間としての尊厳を失ってもらって
そのあと改めて罰ゲームを見直しましょうではありませんか。

どうでしょうか!!
プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。