スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ほ)イコライズ

ついに、ついに出ました。
あれから10年、どれ程この時を待ちわびただろう。
当初の刊行予定も、既に5年前。発売日の延期はよくある事だが、それにしても長い待ち時間であった。
SFマガジンに連載という形で始まった本作。連載開始が丁度1年ちょっと前で、先日1巻が発売された。
予定では3巻構成になるだろうから、1年毎のペースで1冊ずつ発売されていくのだろうか。
そうすると結末を手に取れるにはまだ2年待たなければならない事になる。
でも、果たして3巻構成で落ち着くのか。
それが連載作品故にどうなるのか分からない。もしかすると10巻くらいの大長編になってしまう可能性だってある。
1巻目は完全に序章といったところで、前作までの伏線や解決すべき事柄は一切解決しておらず、むしろどんどん広げられていく風呂敷は1巻を終えても広がり終わる事を知らない。
え、だってこれからグラサンかけたイルカも出てくるんでしょ?シザースがどうなってるのかとか、クリストファーの死の真実だとかサラノイがどうなってるのかとか。例の子はどうなってるのかとか。
次の巻が出るまでまた1年。ここまでの10年に比べればとは思うが、それでも1年は長い。
本当の事を言えば、完結するまでは読まないようにしようとすら思っていた。
読み初めてしまうと、結末までいきたくなってしまう気持ちを抑える事は出来ないだろうから。
だからSFマガジンの連載が始まっても表紙を見る以上の事はせず、淡々と文庫刊行を待ち続けたのだ。
今回も2巻以降が出るのはかなり先になるだろうと思うと、買うかどうか滅茶苦茶悩んだ。
前作のように一か月毎に刊行される訳ではないんだ。
いや、しかし!でも、ねえ?
やっぱり1巻だけでも出たら、買っちゃうよ、読んじゃうよ。
もう、ね、早く続きが読みたくて。どうしよう。
「食事」「睡眠」「仕事」「排泄」を4分の1ずつやっていこうと思う。
あ、言い忘れたけど「マルドゥック・アノニマス(著:冲方丁)」の話でした。
そういえば「テスタメント・シュピーゲル2」もまだ読んでいない。というか本屋で全然売ってなくて・・・。
どうせ3が出ないと完結しないし、こっちはそれから買うのでもいいかなーと思っている。
冲方氏はDV疑惑で拘留だのなんのもあったけど「偶然を生きる」の発売とか、週プレの連載とか、むしろここ数年では一番活発に物事が進んでいるような印象を受ける。
ファンとしては嬉しい事だ。
まーまー皆さん。マルドゥックシリーズ、やっぱド糞面白いですよ。
スポンサーサイト

(ご)電車話

ちょっとちょっと聞いてくださいよ!

先日の話なんですが、最寄駅から電車に乗ったんですよ。
僕のいつも乗車する駅はいつも結構人が乗り込むので列の後ろのほうに並ぶと座れないことがまああるのです。
その日もまあ座ることができなかったので、座席の正面の位置に立っていたわけです。
何駅か立ったまま電車に乗り、ある駅で正面の席に座っていた方が下りる素振りを見せようとしていたので、
おー座れるやん!と思いつつ、ふと左隣を見ると、
akatyan

これを着けている女性がいたので、まあ当然席を譲ろうと右にずれた訳です。お腹も普通に大きいの分かりましたしね。
女性の方も僕に軽くぺこっとして頂いて、席に座ろうとしたその時…。

バタバタバタ!

スッ

スヤァ・・・zzz

逆サイドから猛烈な速度でやってきて席を奪い、あっという間に目を瞑って眠りだしたババァが現れました…。
僕も妊婦の方も呆然としてしまいました・・・。

大体、1000万歩譲ってオヤジだったらまあそういう行動に走ってしまわれても、ああ、こいつは社会常識と他人に対する
配慮が致命的に欠如してるんだなってまだ解るような気もしない様なする様ななのですが、
(十分あり得ないですよ、普通に。軽蔑します。)
女性でそれやる!?あんたも妊婦だった時期があるんじゃないのかと。同じ女性であったらお腹大きい人気付くよね?
(いやまあ独り身の可能性もありますが。)

座れなかった妊婦の方は次の駅で降りていきましたが、なんだかすごく胸糞が悪く、
僕は降りるまでずっとそのおばさんを睨み付けていました。
まあ一度も目を開けることが無かったのがまた腹立たしいったらありゃしないんですが。



他にも、別の日にはそんな混んでない電車なのに僕の隣ぴったりの位置で、
ポケットに入った何かを何回も取り出そうとして、激烈に肘鉄をかましまくってるおじさんとかにも遭遇しました。
俺が物取り出そうとしてるんだから嫌ならお前が離れろよと、そういうことなのでしょうか。


何なんでしょうね、歳とってくると周囲の人間のことなどお構いなしになるのでしょうか。
僕はまだ20代ですが、これからあと10年、20年とかして、
自分はそんな風にならない様にしようと心に固く誓った、そんな日でした。

全ての飲み屋を20時に閉店させる会会長

全部飲み会のせいだ。

(ほ)タマランサス

ももクロちゃん新譜がタマランサス。
いつも起こる批評合戦も鳴りを潜め、方々からの評判も絶賛の嵐。
様々な作曲家からの多ジャンルの提供曲を、5人が歌い上げる。一種のコンピレーションアルバムのようなものかもしれない。
多方面な提供曲に、絶妙なアルバム構成。単一バンドではなかなか出来ない事だ。
国内外問わず、今までに無いアルバムとなっているのではないか。
反面、売れ行きは正直芳しくない。
オリコンウィークリー、1位2位同時という快挙は成し遂げたものの、売り上げ枚数は初週で各8万枚程。
2ndと比較すると半分程度の売り上げだ。
旬な時期が過ぎてしまった以上、妥当なところかもしれない。
しかしこれだけの傑作が前作以下とは、何か釈然としないところだ。
今後、じわじわと評価が広まっていくであろうこと請け合いではあるから、僕はやっぱりついていきたいと思うのです。

そういえば「ももいろつるべ」なんていう番組も関テレでやってるんだけど、これが滅茶苦茶面白い。
素人とかそうでない人と面接みたいな配置でトークをする番組。
過去に無い交流だとか、体験だとか、「ええ!?その人出るの?」ってなゲストとか、とにかく面白い。
でも個人的には芸能人やキャラが立ちまくっているゲストよりも、THEパンピーなゲストの方が好き。
かなり序盤で登場したモノノフ少年が後日のドッキリ家庭訪問で将来の夢を見つけてる話とか、息子を見返したいお母さんと一緒にDNA狂詩曲を踊る話とか、もう・・・・良い話過ぎるだろー・・・。

ともかく、あの5人組、面白いよ。
一生、モノノフできるわぁ~。
プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。