スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(せ)婷婷 一

スマートフォンで「てぃん」と打つと、変換候補に「亭」の字が出てくる。
中国語で「亭亭(tíngtíng)」とは、樹木などが真っ直ぐに伸びている様を表すそうだ。
このことから、女偏をつけた同じ読みの「婷婷」は、女性が美しくしなやかに歩く姿を表している。
「ちんちんじゃないよ」と冗談めかして名乗った彼女の名前は、実はとても美しい意味を持っているのだ。

****

夜の帝王と呼ばれるような人たちからしてみれば、私など差し詰め「夜の門兵」程度のものだろう。
しかし、この世界は5機落としてようやくエースパイロットの宇宙世紀ほど厳しくはない。
門兵とはいえ、この1年で軽く10以上の星を並べた私は、当然苦い思いも幾度かしている。

Case 1 “脳足りん”

大きさではない。美しさだ。
これは今更私などが言うまでもない、語り尽くされた一般論である。
しかし、目を疑うほどの大きなそれに、誰しも一度は夢を抱く。
矛盾しているようで、男とは皆そんな生き物なのだ。
そんなわけで、私は興味本位でJを召喚した。
やって来たJを一目見ただけで、私の中のスカウターはあっさり爆発した。
これでまだJ?バカな。在籍一覧表に載っていたKとかLとかはこれよりもでかいというのか?バカな。
初めて目の当たりにした未知の世界は、確かに心躍らせる魅力があった。

しかし、人智を超えた力を手にした者は、どこかでその代償を支払っているものなのだ。
このJ嬢、どうにも全く会話が噛み合わない。
時間は50分しかないというのに、モタモタと水浴びから入団(にゅうとん、bed inの訳語)まで15分ほどもかける。
しかもその最中、私がJの感触を確かめようとすると、パシッ。
目が点になる。何かの間違いかと思いもう一度手を伸ばすと、パシッ。
意味が分からない。そのJで客を癒すのが貴様の仕事ではないのか?
さもそれが当然のことのように、表情ひとつ変えず手を払いのけ続ける。パシッ、パシッ。

結局私は最後まで、ほとんどJを手中に収めることはなかった。
本来なら文句を言うところだが、
私はJ嬢のネジが緩んでいるどころかネジの入ったネジ穴が見当たらないような言動に恐怖さえ感じていた。
いつ懐からカッターナイフが出てきてもおかしくない。
私はその日、人間の心の闇を覗き込んだ気がした。
股の下のポニョが縮み上がっていたのは、記録的な冷え込みが続いていた気候のせいだけではあるまい。

(続く)

----

※この物語はフィクションだったりノンフィクションだったり、脚色を含んでいたりいなかったりします。

1900
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。