スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ご)ものもらい

前回のラジオで宣言したとおり今回は書きませーん(/・ω・)/

ラジオ中についうっかり今回書こうと思っていたことを言ってしまい、ただでさえネタが少ないのに自分の
首を絞めるようなことをしてしまいました。せっかくスクリーンショットまで撮っておいたのに没にしてしまうのは
もったいないので載せておくことにします。

わたしのおっぱいさわってもいいよ

ということで、僕のPCでは「わたし」と入力するともれなくおっぱい祭りになってしまう様になりました。
あと、これを読んでいるかもしれないある方には謝っておきます。ごめんなさい!
でも悪いのは僕じゃなくて書かない彼だと思うんです。

さてさて、タイトルにある通りものもらいになってしまいました。
実は人生初のものもらいで、朝起きたらまばたきをする毎に下まぶたのあたりに鈍痛がするので昔眼科で働いていた
母に相談すると「そりゃあんたものもらいだよ。病院行きな。あと部屋片付けな」と言われました。
明日病院に行く予定なのですが、しばらくは「くっ、右目が疼く・・・」と厨二病ごっこが出来ると思うとわくわくしてきちゃいますね!
(嘘は言ってません)
あ、眼帯もつけちゃおうかなぁ~!

「ものもらい」って、関西だと「めばちこ」って言うということを初めて知りました。
東京生まれ、幼少期を仙台で過ごし、神奈川に越してきただけの人間には関西弁は全く縁がなかったので、
響きすら全く違うとは思ってもいませんでした。

因みにこのものもらいとめばちこ、意味は同じでも語源は全く違うみたいですよ!
①、「ものもらい」
目がはれたり、何かできものができたようになって
目に異物がついているような感じになります。
その「目に何かがついているような姿」を
「目に何かもらったものをつけているようだ」と表現したのが
「ものもらい」です。
俗語ですが、辞書などにも出る比較的、一般的な表現です。

②、「めばちこ」
やはり目に異物ができて
実際には目が半ばふさがっていることも多いのですが
外から見ると目が強調されて
何か「目をぱちりと見開いているように見える姿」を、
「めばちこ」と呼んだのです。
少し幼児語のようなニュアンスがあります。


だそうです。なんかこんなこと書いてると昔を思い出しますね。

引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109114045
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。