スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(せ)熊本より

何故よりによって熊本なのか。
私の住む熊本市中央区は前震で震度5強、本震で震度6強の大地震に襲われ、
非常に痛ましいことに、炒飯にパスタに大活躍だったお気に入りの大皿が1枚割れてしまった。
実家から持ってきた大切な大皿。なんでも鑑定団に出したら2桁目で止まるような粗品ではあるが、
私にとっては26年と10ヶ月の思い出が詰まった大切な大皿。
これからは炒飯もパスタも一回り小さい皿に微妙にはみ出した盛り付けをしなければならない。
人生を共に歩んできた大皿を奪った大地震。私は一体誰を恨めばいいのか。

****

というわけで大した被害もなく過ごしていましたが、水が出ないのだけはどうにも困った。
巷では「熊本市内は97%が水道復旧」などというニュースが流れていたようですが、
私の住むマンションは最後まで円グラフのだんだん細くなっていく一欠片のカマンベールチーズに残り続け、
昨日の夜にようやくゴボゴボという音と共に水が出始めました。
ちなみに今尚水の勢いは万全でなく、ウォッシュレットの水がケツまで届かない状態が続いています。

流石に大企業だけあって、会社にはあちこちからの救援物資が死ぬほど届き、
救援物資の整理に追われて全く仕事にならないような状態だったので、
顔や手を洗ったり歯を磨いたりということは会社から持って帰ったミネラルウォーターを使っていましたが、
流石にトイレや風呂のように大量に水を使うことまでそういうわけにもいかず。
水が出ない2週間の間、トイレは最寄りの公衆トイレやコンビニへ、
風呂は夜な夜な会社の給湯室に忍び込み、全裸でシンクに頭を突っ込みガシガシ洗うという、
警備員に見つかろうものなら地方紙の3面記事に載ってしまいそうな綱渡りをしていました。
お陰様で元々支社長の激詰めによって鍛えられていたハートがますます強靭になり、
今後余程のことがない限りはやっていけるだろうという自信がつきました。

最後に、今回の地震によって得た教訓を皆様に共有しておきたいと思います。

マンションに住むときは低層階を選びましょう。

10階に住んでいる先輩は電子レンジと冷蔵庫がバラバラに砕け散りました。
それでは皆様、よい連休をお過ごしください。

1900
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。