スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ほ)今宵、冷酒をあおりて

こう忙しい日々に溺れていると、お日様の高さとか、雨の匂いとか、花の落ちたさつきとか、車の音とか、人の声とか、風の流れとか、犬の鳴き声とか、ピアノの音とか、目覚まし時計の響きとか、牛乳が白い事とか、朝日が眩しいこととか、電話は音しか伝わらないこととか、ご飯が美味しいとか、山が青いとか、排ガスが臭いとか、雲が分厚いとか、白髪が増えたとか、あの人元気がないとか、風が強いとか、カレーが三日目だとか、水たまりが深いとか、アブラゼミの声とか、山の手線の駅とか、もみじまんじゅうとか、雀の羽音とか、涙も汗もしょっぱいとか、明日は新しい一日だってこととか、そういったことが分からなくなってくる。
朝起きて一番に考えることはなんだろう。眠いとか、寝たいとか、起きたくないとか。それでも日常は続いていて、気が付けば身体は動いているのである。気が付けば、だ。実感だ、実感がないんだ。
それは耳が痒いでもいいし、外が煩いでもいいし、うんこが臭いでもいいし、生きているでもいいし。
感受性は簡単に殺されてしまうもので、いくらモンスターと濃厚な体液交換を要求されると言われても、実感が伴わなければ蚊に刺されたようなものに過ぎない。蚊に刺されると後が痒いし、それはそれで実感するしね。
嗚呼、感受性とは、ですよ。茨木のり子が言っていた。自分の感受性くらい自分で守ればかものよ、と。
これいい詩だよね。ゲーテのファウストにおける”卑怯な考えのびくびくとした動揺・・・・・・”と同じくらい好きな言葉だ。
座右の銘にするにはどちらも長すぎるのが玉に傷だけど。
いくら毎日は忙しなくても、余裕がなくても、自分の感受性くらいは守りたい。出来ることならば、せめて世界を愛したい。そして誰かを愛したい。
だから、俺はサンキューフリー指名なんかしている場合ではないんだ。間違いなく、ジュン君の次にサンキューに近いのは俺だ。
今回は正直、このブログの存在を忘れていて危なかった。忘れるもんだ、意外と。
今回も、特別書くこともないし、浮かばないし、いやぁ毎日が忙しいなぁなんて思ったりするし。
前回の記事からね、短歌も5個しかできてないのさ。もうほんとに茨木のり子さんすみません。
毎日を実感して生きていきたいものですね。一日一短歌、まずはそれを目標です。

てなことで、今回は作者取材のため休載です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。