スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ご)ねむねむねむねむねむねむねむねむ

こんばんは、いかがお過ごしでしょうか。
ここしばらく流浪の剣士さんに日記をお願いしていたのでこうして書くのは久しぶりですねー。


さて、昨日、今日と通っている学校の文化祭がございまして、なんでか知らないけれど実行委員をやっていました。

当日あった事件未遂的なことが一つあったのでそのことについて書こうかと思います。
私の担当はまさかの売店で出たごみを処理する係でした。
これで名実ともにごみ袋になったわけですがそれは置いておいて、基本的には売店が立ち並ぶ広場の中に
ごみ箱を設置して、そこに待機。ごみを持ってきたお客さんからごみを預かり、ごみ箱の中に分別して入れていく。
ごみ箱に可燃不燃びんかんやら書いて置いておけばいいじゃんと思うかもしれないのですが、
ごみ箱置いとくだけだと分別なんかされるわけもないので常駐していないといけなかったんですねー。
そういうわけで作業を淡々とこなしていたのですが、そこにごみを持っていない女の子がやってきたわけです。
どうしたのかと思い話を聞いていると、どうやら変質者に声をかけられたとのこと。で、そのかけられた声はどんなものか
というと、

「あなたのお財布になりたいです。」

だそうで。なんだかイケメンが言うと意外と様になってそうだったこともあって新手のナンパなんじゃないかと思い、
さらに話を聞くと、すぐ近くにいるとのことで、彼女の視線の先を追うと、目をぎょろぎょろと動かし、まるで獲物を探す
肉食獣のような状態の痩せ形、リュック装備、しかもリュックのチャックは全開の一発アウト風味の眼鏡野郎がそこに
いたわけです。

さすがの異常事態だったのですぐさま本部に連絡、施設警備部隊が3人がかり位で思いっきり付け回していたのですが、
その変態さんが逃げる逃げる。結局何もせずに帰って行ったのですが、彼女の連絡がなく放置していたら新たな被害者
が出ていたかと思うとぞっとします。あいつは完全にやばかった。

そんなこんなで終了した文化祭。文化祭なんて高校生時代から7年ぶりくらいだったので、懐かしさを感じつつ、
専門学校/大学ならではの盛大な感じに多少面喰いつつも。終わってみたら結構楽しんでいたなと思いました。
ここ連日すごい過密なスケジュールだったので私はもうクタクタです。寝たらサンキュー確定なので今頑張って書いてみました。








本当は別のこと書こうと思ってたんですけどね、それはまた次回で。(ほんとに書くよ!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。