スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ご)るろうにごみ袋 -宇宙博2014前篇-

みなさん久しぶりでござるな。一月半ぶりに拙者が記事を書くでござるよ。
実は拙者のこの夏の思い出は京都だけではなかったのでござる。

拙者が京都に行ったのには実はもう一つ理由があって、拙者の夏の課題に、
「展示会・発表会に参加して報告書を書いてくる」というものがあったのでござる。
ならば旅のついでに課題もこなしてしまおうと考えていたわけでござる。
しかし旅を終えてから気付いたのでござるが水族館は別に展示会でも発表会でもなかったのでござる。
これに気が付いたのが夏の休暇が終わる直前でござる。

というわけなので課題をこなすために拙者、千葉まで行って来たでござる。
館内が撮影禁止なのではと拙者びくびくしていたのだが、フラッシュさえ焚かなければ問題なかったでござる。
というわけなので約3か月近く前のことになるでござるが少しだけ紹介するでござるよ。


拙者事前情報なしで向かったのでどんなものがあるのかさっぱりだったのでござるが、どうやらNASAとJAXAが共同で開催していた展示会だったようでござる。
大きく分けて2つのエリアがあったでござる。
1つは世界の宇宙開発競争、開発の歴史について。ここは世界に目を向けているのでもちろんNASAが主となっての場所でござるな。簡単に説明するとアメリカと当時のソ連の宇宙開発の歴史や、ロケットの仕組みなどの説明や、宇宙服や宇宙食の開発、月面探査用の車などが歴史を追う様に展示品と一緒に解説されていたでござる。
げつめんしゃ
月面車でござる。さすがに実際に使用されたものではないでござるよ。結構な大きさで車長は3メートルくらいはあったでござる。車幅も2メートル近くはあったように感じたでござる。


しゅーと
これは宣伝で見たことがある者もいるかもしれないでござるが、この宇宙博の目玉の一つであるアポロ17号が地球帰還時に実際に使用していたパラシュートでござる。かなーり大きかったでござるよ。
ぱら
中から見るとこんな感じでござる。ところどころ焦げているのが分かるでござるね。

この様な感じの世界の宇宙開発エリアでござる。次回は日本篇でござるよー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。