スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ご)み袋だよー

タイトル考えるのが面倒なわけじゃないんです。

1900君の前回の記事でイスを彼の部屋に毎回持ち込んでいるとありましたが、そこを読んで前回のラジオの際のことを思い出しました。
僕が1900家に来たときはまだイスが無くて、2階のリビングまで自分で取りに行ったときの事です。
もうかれこれ2年以上彼の家でやっているのにその時初めてお母様と遭遇したのです!
まぁ僕も今月から学生の元フリーターとはいえ成人済の人間ですので当然常識溢れる初めまして的なトークをしたわけですが、その時に名前を聞かれたのでまぁ当然の如く本名を名乗ったわけです。

1900ルームに戻ってそのときの事を1900君に話すと
「ごみって名乗らないと伝わらないよ」
と言われて大分衝撃を受けてしまいました。彼はご両親に僕について一体どんな説明をしているのでしょうか!


さてさて、つい先日春休み真っ最中の弟(中学生)が図書館に勉強をしに行くという世にも奇妙な事を言い出したので一緒に図書館に行ったのですが、そこで「空想科学読本」というシリーズの単行本を見つけました。

空想科学読本空想科学読本
(1999/07)
柳田 理科雄

商品詳細を見る



まあ「ここが変だぞ、空想科学読本!」的なアンチ本が出るくらいには有名だと思うので知っている人の方が多いとは思いますが、どんな本なのかを端的に表すと、
「アニメや漫画、特撮で表現される非現実的な事象を科学的に実現可能か考えよう!」
というのを面白おかしくやってくれる本です。

小中学生時代、学校の図書室にはこのシリーズがずらっと揃っていて他に何を読んだらいいかわからなかった当時の僕はかなりハマって読んでいたのを思い出しました。

しかも少年時代を境にめっきり読まなくなった同シリーズが今も尚刊行され続けているというのにも驚いてしまいました。
チラッと読んでみたのですが、内容も当時のものはウルトラマンや仮面ライダー、ドラえもん等往年の有名な特撮、アニメネタなどが多かったのですが、最近のものだと時代の流れに合わせてか最近やってるアニメネタなんかもあって時代の流れを感じさせられました。

図書館カードを持ってなかったので借りることはできなかったのですが、機会を見て借りに行きたいな、なんて思ってます。


という訳で2個目の投稿でした。前回のが他の方々と大分似たり寄ったりになってしまったのでオリジナリティを追求してみたのですがいかがだったでしょうか。投稿スパンがみんな意外と長いのでせめて僕くらいは最速で行きたいですね!


☆ごみ袋☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。