スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ほ)ござるござる

最近は皆、忙しそうだ。ここでバシッと忙しい中でも妥協を許さない記事を書いて貫禄を見せつけたいと思う。
そしてあわよくば、この前回ゴミちゃん記事から間もない投稿により、1900君にも社会経験を積んで貰えればと思う。

それでは遅くなったが、先月の旅日記を書こうと思う。
最初に一つ断っておかなければならない。
写真は色々と撮ってきてはいるが、カメラのレンズが割れていて全体的に白ばんだ写真になっている。
折角の雄大な風景も靄がかかったようになってしまったが、あくまでも他人の日記に過ぎない。
本物を観たければ、是非、実際に行ることをお勧めしたい。

4年前から毎年行っている九州。
早速、今年も行ってきた。5年連続、5回目。九州いいとこ、来年も行きたいな。
今回は4泊5日という長めの日程だ。
今までも飛行機、新幹線、新幹線+深夜バスと様々な交通手段を利用したが、今回はついにアレを利用した。
そう、King of 夜行バス『はかた号』である。

博多号

wikipediaによると「所要時間14時間20分(福岡発は14時間25分)で約1,150kmを走破するバス路線」であり、運行開始当初は日本最長距離・最長時間を記録したまさに深夜バスの王というべきMonsterなのだ。(尚、現在は埼玉-福岡という裏ボスが存在する)
今までも10時間以上深夜バスにチャレンジしたことはある。その経験からは「俺って深夜バス得意なんじゃないか?」と思っていた。
今回もよく眠り、適度な姿勢変換により腰も傷めないですんだ。
ただ、足が浮腫むという過去に経験したことのない症状が発生してしまった。靴がきつくて入らなかった。仕事後で、ビールを飲んでからの乗車だった所為もあるかもしれない。
なんにせよ、初めて深夜バスにやられてしまった
やはり道路状況により丸15時間の旅は過酷であった。

博多駅

すっかり明るくなった博多駅は半年前と変わらぬ佇まいで僕を迎えてくれた。
この日は電車で佐賀まで行き、天山酒造という酒造に行ってきた。
九州の電車はとにかく本数が少ない。乗車時間は1時間ほどだとしても乗り換えを含めると2時間以上かかるんだ。
酒造に行くということで電車にしたが、現地では飲まなかったし車にすればよかった。
よほど運転手がいないわけでも無ければ、九州での移動は間違いなく車が良い。

天山酒造

天山酒造は蔵出しを翌日に控えているということで残念ながら見学はできず。
日本酒を買って飲んだけど、滅茶苦茶美味かった。機会があればまた贔屓に飲みたいくらい。
近くの小城温泉につかり、博多に戻るともう辺りは薄暗い。天神駅前のビジネスホテルに荷物を置き、福岡と言ったらやっぱり中洲に!

中洲その2

値段は高いけど、美味しいものが沢山、なんでも美味い。ああ、もう幸せ。思い出すだけで幸せ。
また行きたいよ。あああ美味しいもの食べたいよ。うわあああああん。
5軒はしごして1万円以上を消費。いいんです、楽しくて美味しければ。

翌日はまずレンタカーを入手。
この日の日程は熊本から阿蘇を経由して宮崎に下る。
移動距離は長いが道は空いていて、高速も使えるためそんなに苦では無い。

北熊本

北熊本SA
阿蘇山にも登りたかったが、噴火活動により一帯の立ち入り禁止で断念。
まっすぐ高千穂峡に行くことに。

高千穂峡4

高千穂峡1 高千穂峡2 高千穂峡3

そして天岩谷に。

天岩戸

この辺はカメラが壊れていることが残念でならない。
もっとゆっくり高千穂周囲は観光しても良さそうだった。いつか女の子と高千穂峡でボートに乗るんだ。
宿は宮崎日向。夜も近くて他に寄り道する時間は無く。

日向

日向駅前でも飲み屋を二軒はしごする始末。だってなんでも美味しいんだもの!

長くなってきたからこの辺で一度中断。
あとは大したことないけど、疲れたしまた次回。

Hojo80°
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぉるらじファミリー

Author:ふぉるらじファミリー
ライブドアねとらじで不定期に放送中のラジオ「ふぉるすたーらじお」の面々による共同ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。